韓国旅行「コネスト」 日韓の漢字、「同字異義」が多数 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 日韓の漢字、「同字異義」が多数
バックナンバーリスト
前の日 2011年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
この漢字、どんな意味?
朝鮮半島固有の文字「ハングル」を使用している韓国ですが、街を歩いてみると意外にも漢字を使った看板を多く見かけます。日本食のお店はもちろんのこと、ハングルと漢字の組み合わせの看板やホテル名、ビル名などにも漢字が使われていることがあります。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
朝鮮半島固有の文字「ハングル」を使用している韓国ですが、街を歩いてみると意外にも漢字を使った看板を多く見かけます。日本食のお店はもちろんのこと、ハングルと漢字の組み合わせの看板やホテル名、ビル名などにも漢字が使われていることがあります。
最近では漢字検定試験も人気があり、就職や留学のための資格の1つとして受検する人も増えてきているのだとか。韓国の漢字は旧字体を使っていることもあり、上級になると日本人でもわからないような漢字がたくさん出てきます。
同じ漢字を使っていても、日本と韓国では意味が全く違うことも。学問や技芸を学ぶという意味を持つ「勉強」は、韓国では「工夫」と書きます。
「恋人」は韓国ではなんと、「愛人」と書くのだとか。韓国での意味を知らなかったら驚いてしまうかも。他にも「大丈夫」(立派な男性)、「無念」(何の思いもないこと)、「仰天」(天を仰ぐこと)など、 日本語で考えると意味が通じない漢字がたくさん。日韓の漢字の意味を比べてみるのも面白いかもしれませんね。
11/2(水)
秋風が吹く弘大の裏通り
11/4(金)
今年のスヌンはこれでばっちり?
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]