韓国旅行「コネスト」 南大門復旧現場に潜入! | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 南大門復旧現場に潜入!
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
南大門復旧現場に潜入!
2008年2月に崇礼門(スンネムン、通称:南大門)が火災に見舞われたことは、日本でも大きく報道されたので、今も記憶に残っている方もおられるのでは。
現在、懸命の復旧工事が進められているのですが、今回は8月15日から始まった、土日限定の「復旧現場案内行事」に参加してきました。
前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
2008年2月に崇礼門(スンネムン、通称:南大門)が火災に見舞われたことは、日本でも大きく報道されたので、今も記憶に残っている方もおられるのでは。
現在、懸命の復旧工事が進められているのですが、今回は8月15日から始まった、土日限定の「復旧現場案内行事」に参加してきました。
案内行事1回ごとの参加者は30人と限定されています。45分の案内が1日6回行われます。「一刻も早く南大門が見たい!」そんな思いで駆けつけた人も多いはず。入場にあたっての説明を聞く目は、みんな真剣そのもの。
集まってきた人を見ると、さまざまな年代の人々が。老いも若きも、男性も女性も、南大門がどうなっているのか気になって仕方がない様子。足場で出来たゲートをくぐって、中に入ります。いったいどんな姿で訪問客を待っているのでしょう?
衝撃的な光景。往時の姿を知る人は、ため息が出てくることでしょう。それでも、全焼しなくて不幸中の幸いというべきでしょうか。警備の問題、消火の問題、事件当時には、たくさんの問題点が指摘されましたが、無事に復旧した暁には2度と起きないように気をつけてもらいたいものです。
近づいて見ると、本当に痛ましいですね。文化財は復元できたとしても、やはりオリジナルそのものが保存できているのに越したことはないわけで…。
傷んだ木材を見ると、南大門消失を悲しむ人々の痛みまでも伝わってくるようです。
復旧作業をすると聞いて、うれしくなってやってきたのかな?記念写真を撮る家族の姿。
「あの時は無残な姿だったけど、こんなに立派に復旧したよ」そんな日を待ちわびながら。
2012年に復旧工事が完成する予定の南大門。それまでの間は「今しか見れない」復旧工事現場を見学してみるのもソウルの良い思い出になるのでは?現在は日本語サービスがないので、韓国上級者向きのスポットですが、外国語サービスも準備中だそうです。これからに期待ですね。

崇礼門(南大門)※工事中

8/21(金)
新村にU-PLEXオープン!
8/25(火)
明洞-南大門をつなぐ交差点が!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]