韓国旅行「コネスト」 清渓川もバリアフリー | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 清渓川もバリアフリー
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
清渓川もバリアフリー
ソウルの中心部を流れる川、清渓川(チョンゲチョン)にエレベーターが新設されたのこと。さっそく行ってきました! 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
ソウルの中心部を流れる川、清渓川(チョンゲチョン)にエレベーターが新設されたのこと。さっそく行ってきました!
ソウル市が、足の不自由な人や車椅子を利用する人も清渓川にもっと親しめるようにと、仁寺洞(インサドン)のタプコル公園のそばに位置する三一橋(サミルギョ)と、新設洞(シンソルドン)のプンムル市場近くの黄鶴橋(ファンハクキョ)の2ヶ所に設置しました。
このエレベーター、国内初の防水エレベーターで、集中豪雨などで河川が氾濫しても水が入り込まないように作られるなど、安全装置が整っているそう。エレベーター内は電動車椅子1台と介助者1人程度が入れる大きさです。
全長約5.8kmの清渓川にはスロープが8箇所あります。車椅子を利用する人はエレベーターが無い場所では、スロープを利用して川のそばまで行くことができます。
スロープは傾斜がゆるく手すりがついているものの、今回エレベーターが出来たことで、障害者の人は川辺までもっと行きやすくなったといえるでしょう。
ソウル市民の憩いの場として大活躍している清渓川。この清渓川のエレベーターをきっかけに、ソウルのバリアフリー化がもっと進みますように。
8/19(水)
【追悼】金大中元大統領
8/21(金)
新村にU-PLEXオープン!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]