韓国旅行「コネスト」 ピマッコル、最後の息吹 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > ピマッコル、最後の息吹
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
ピマッコル、最後の息吹
「東京には空がない」とはある詩の一節ですが、高層ビルに覆われたソウルも、同じく空がないのかも知れません。
そんなソウルの中心地にぽっかり拓けた見晴らしの原因は開発…。
前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
「東京には空がない」とはある詩の一節ですが、高層ビルに覆われたソウルも、同じく空がないのかも知れません。
そんなソウルの中心地にぽっかり拓けた見晴らしの原因は開発…。
この現場は、光化門(クァンファムン)の清進洞(チョンジンドン)再開発の様子。昔から人気の庶民食堂が連なっているピマッコルがあることで有名です。工事を眺めるおばさんの眼下に見えるは…。
ピマッコルを賑わせていたほとんどの店は、新しくできた近くのルメイエル鍾路(チョンノ)タウン内のピマッコル名店街などに移転しました。
しかし、再開発の圧力にも負けず、まだ昔ながらの同じ場所で営業を続けているお店が、ぽつりと寂しく数棟かたまっているのが見えます。
そんなお店を訪ねようと工事の塀で覆われた路地を進みます。あまりにも無機質な風景に、在りし日のにぎやかな面影は全く見えません。
色あせた看板たち。「ヨルチャチッ」「大林(テリム)」ともに広く知られた名店の看板ですが、この場所で重ねた歳月を語りつつも、無念さがにじみ出ているかのように見えてしまうのは、消えていくものへ感情移入したせいでしょうか。(注:両店とも営業しています)
都市は生き物で、あっと言う間に変化してしまうものではありますが、ずっと昔ながらに残っていて欲しいもの、そんなものから儚く消えてしまうのはなぜでしょう。
次回のソウル探訪の折には、ぜひ、かすかに残るピマッコルの息吹を感じてみてください。ラストチャンスかもしれないですから。

関連記事:ピマッコル名店街(ルメイエル鍾路タウン内)

7/3(金)
ひ〜んやり!夏のおやつを食べ歩き
7/7(火)
降るのか、降らないのか…
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]