韓国旅行「コネスト」 ヌリロ VS ムグンファ | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > ヌリロ VS ムグンファ
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
ヌリロ VS ムグンファ
6月1日、新型車両「ヌリロ」がお目見えしました。「ヌリロ」は2020年に廃止される予定の「ムグンファ」に代わるものとして登場し、まずはソウルと忠清南道・新昌(シンチャン)を結ぶ116キロ、約1時間半の運行を開始しました。運行初日には日本からも大勢の鉄道ファンが詰めかけたそうです。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
6月1日、新型車両「ヌリロ」がお目見えしました。「ヌリロ」は2020年に廃止される予定の「ムグンファ」に代わるものとして登場し、まずはソウルと忠清南道・新昌(シンチャン)を結ぶ116キロ、約1時間半の運行を開始しました。運行初日には日本からも大勢の鉄道ファンが詰めかけたそうです。
安養(アニャン)や水原(スウォン)などソウル近郊の都市を結ぶ急行列車として、通勤列車としても活躍が期待されます。また車椅子のまま乗降ができるスロープや車椅子席、車椅子用トイレ、授乳室などの設備も整っているのが特徴です。
一方「ムグンファ」は1980年代はじめに登場し、長く韓国の人々に親しまれてきましたが、老朽化とディーゼルエンジンであることから廃止が予定されています。韓国内全路線をほぼ網羅しており、地方の旅の足として欠かせない存在です。「ムグンファ」でゴトゴトと揺られていくのが韓国の鉄道の旅のセオリー。
そんな「ムグンファ」に昨年秋から列車カフェが登場。カートによる車内販売を廃止し、広い車内空間を生かして、売店や各種施設がある車両を作りました。列車カフェは「ムグンファ」の全車両だけでなく、「セマウル」にも設置されているとのこと。
飲食物の販売だけでなく、なんとカラオケ(定員2名、10分2,000ウォン~)、マッサージチェア(定員1名、10分1,000ウォン)、PC(15分500ウォン)、ゲーム(8分500ウォン)などの施設も。5~6時間と長い乗車時間の乗客が多いことから、こうしたサービスが考え出されたそうです。
通り過ぎていく車窓を眺めながら、のんびり楽しい列車の旅。新旧の列車にはそれぞれに特長があり、鉄道好きのみならず、なかなか興味深いものです。さあ、列車に乗ってソウルから地方へお出かけしてみませんか。
関連記事:ソウルから地方への行き方~鉄道編~
6/8(月)
思わず「へぇ〜!」韓国のトリビア
6/10(水)
初夏の雪岳山を訪ねて
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)

明洞はクリスマスムード一色! 16.11.18(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]