韓国旅行「コネスト」 火災から一年の崇礼門 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 火災から一年の崇礼門
バックナンバーリスト
前の日 2009年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
火災から一年の崇礼門(スンネムン)
観光客には南大門(ナンデムン)の通称で知られる国宝「崇礼門(スンネムン)」。2008年2月10日、火災により焼け落ちてしまうという惨事から一年経った今日、復元工事の現場が一般公開されました。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
観光客には南大門(ナンデムン)の通称で知られる国宝「崇礼門(スンネムン)」。2008年2月10日、火災により焼け落ちてしまうという惨事から一年経った今日、復元工事の現場が一般公開されました。
公開となる11時には古式ゆかしい宮中の衣装に身をまとった人々がお供え物をするなど、工事の成功を祈る行事が行われました。
文化財庁ではこれまで事前予約による特別見学を行ったことはありましたが、火災後の全面開放は初めてとのこと。貴重な今日一日を逃すまいと入場の30分前には公開を待ちわびる市民の列がおよそ100メートル続きました。
入場口の前には工事に使われる工具や木材などが展示され、復元工事を様々な角度から市民に紹介しようという試みがなされていました。
火災前は見ることのできなかった遺構も公開されています。写真では少しわかりづらいですが、奥が植民地時代、手前が朝鮮時代後期のもの。
幸い火の手を逃れたホンイェ門(虹の形の門)。色鮮やかな天井画も今は静かに復元工事を見守っています。
一般公開は今日だけですが、平日の11:00~17:00という時間帯のせいかお年寄りの姿を多く目にしました。さまざまな時間を市民と共に乗り越えてきたシンボルだっただけに他の世代とは違う感慨があるのかもしれません。
復元工事は2012年12月末まで予定されています。再び崇礼門(スンネムン)が元の姿に戻る日まで、ソウルの人々と共に工事の様子を見守りたいと思います。
2/9(月)
今日が正月の終わりだって!?
2/11(水)
弘大で「日本」めしを食す!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]