韓国旅行「コネスト」 延南(ヨンナム)洞の下町風景 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 延南(ヨンナム)洞の下町風景
バックナンバーリスト
前の日 2008年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
たくさんのマッコリ!−ソウル下町風情−
韓国全人口の約5分の1が住み、政治・経済・文化などあらゆるものの中心となっている首都、ソウル。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
韓国全人口の約5分の1が住み、政治・経済・文化などあらゆるものの中心となっている首都、ソウル。
そんな「大都会」のイメージとは別に、庶民の暮らしが息づく昔ながらの「下町」は、意外と知られていないソウルのもうひとつの顔。今日はソウルの中心街からバスで約30分、延南(ヨンナム)洞の路地をぶらりと散策してみましょうか。
佇まいから年季を十分に感じさせるよろず屋さん。長い間町内の生活を支えてきた、今で言う「街のホットステーション」です。日本にも昔こんなお店がたくさんありましたよね。
視界を少し上にあげると、建物のてっぺんに見えるのは韓国ならではのオクタッパン(屋塔房)。生活感を感じさせる手拭いが、風に揺れる姿を眺めると、なぜだか妙な郷愁に駆られます。
家と家の隙間から現われたのは、小さな2匹の下町住民。いまだに下町で使われる味噌やキムチを保存する甕(カメ)の上で、冬の陽射しを受けながらゆったりと日向ぼっこ。
散策の途中で、マッコリ(韓国式どぶろく)屋さんに遭遇。いったいどういう風にマッコリを売るのかと言うと…。
なんとリヤカーを引きながら鐘を鳴らして、
「さあさあマッコリだよ!!」
ソウルに残るダウンタウンには観光地では出会えない風情と、言葉にできないノスタルジーが未だに息づいています。
11/21(金)
円高だからフンパツしちゃえ!
11/25(火)
男のセクシーは「ヒゲ」
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)

明洞はクリスマスムード一色! 16.11.18(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]