韓国旅行「コネスト」 70’s ノスタルジア | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 70’s ノスタルジア
バックナンバーリスト
前の日 2008年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
70’s ノスタルジア
清渓川(チョンゲチョン)。ソウルを訪れた人ならば、都会のオアシスとも言うべきこの人工河川を一度は目にしたことがあるでしょう。その清渓川をずっと東に向かって辿っていくと、多くの市民や観光客で賑わう市内中心部とは違う表情を見ることができます。ここもそのひとつ。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
清渓川(チョンゲチョン)。ソウルを訪れた人ならば、都会のオアシスとも言うべきこの人工河川を一度は目にしたことがあるでしょう。その清渓川をずっと東に向かって辿っていくと、多くの市民や観光客で賑わう市内中心部とは違う表情を見ることができます。ここもそのひとつ。
清渓川文化館のすぐ目の前にあるバラック集落。1960年代から70年代当時の様子を再現したものです。清渓川周辺は経済成長とその陰で起きた様々な混乱が入り混じった地域。ただ懐かしいだけでなく、そんな当時の人々の熱気やくらしが思い起こされるようです。
日用雑貨を売る商店も内部まで詳しく再現。
(左上)お馴染み辛ラーメンも当時はありませんでした。(右上)チョコパイが1つ50ウォン!(左下)ロッテのマークも新鮮。(右下)以前はハングルだけでなく漢字表記も多かったようですね。
いつの時代も子どもたちにはたまらなく魅力的な駄菓子たち。実際に販売しているので、味見もできます。施設への入場は無料ですから、おやつを買いにふらりと立ち寄る親子連れの姿も見かけます。
清渓川文化館の周辺には目立った観光地がありません。反面、川沿いを歩いてみると、人々のくらしを感じさせる温かな匂いがあります。
ただ静かに夕暮れていく普段着のソウル。時にはこんなソウルも味わってみてください。
関連記事:清渓川文化館
10/20(月)
ヨン様、文化勲章を受章!
10/22(水)
生まれ変わった李舜臣将軍!?
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]