韓国旅行「コネスト」 崇礼門(スンネムン)、その後 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 崇礼門(スンネムン)、その後
バックナンバーリスト
前の日 2008年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
崇礼門(スンネムン)、その後
通称「南大門」と呼ばれる韓国の国宝1号・崇礼門(スンネムン)が全焼する惨事から4ヶ月が過ぎました。瓦礫の山がようやく取り除かれ、今月から被害の詳細調査、復元のための設計作業がはじまりました。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
通称「南大門」と呼ばれる韓国の国宝1号・崇礼門(スンネムン)が全焼する惨事から4ヶ月が過ぎました。瓦礫の山がようやく取り除かれ、今月から被害の詳細調査、復元のための設計作業がはじまりました。
崇礼門の美しかった楼閣の1階部分は10%、2階部分は90%が焼失しました。再建のため必要となる直径60cm以上の松の木600本以上は、山林庁が文化財復元のために特別管理している山から調達されます。
もっとも損失の激しい屋根瓦は95%が失われました。修復のために必要な瓦は2万5000枚。それらは全て、伝統の作り方にそって作り直される予定です。
中央通路の色鮮やかな虹霓門(ホンイェムン)は、99年ぶりの公開からわずか2年で黒い灰をかぶることになってしまったものの、かろうじて焼失から免れました。
現在、崇礼門は復元工事のため誰も入れないようにぐるりと壁で取り囲まれていますが、「門」の今を知りたい人々の要望にこたえ、内部が見られるように壁に窓がつけられました。市民は窓を通じて崇礼門をずっと見守り続けます。
植民地時代に取り壊された崇礼門の左右の城郭と地盤も、今回の修復工事を機に復元されることになりました。崇礼門が美しい元の姿に戻る日はいつでしょうか。
崇礼門の本格的な復元工事は2010年1月から始まり、2012年12月に竣工予定。復元とともに、付近には展示館も設立されるそうです。美しく再整備された崇礼門の完成が待ち遠しいですね。※写真は特別許可を得て撮影しました。

関連記事:崇礼門(南大門)
6/10(火)
盆唐(ブンダン)のカフェ通り
6/12(木)
新商品続々!韓国のお酒で乾杯!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)

明洞はクリスマスムード一色! 16.11.18(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]