韓国旅行「コネスト」 21日は幸せを「噛み」しめる日 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 21日は幸せを「噛み」しめる日
バックナンバーリスト
前の日 2008年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
21日は幸せを「噛み」しめる日
韓国では旧暦1月15日(今年は2月21日)にテボルムという無病息災を願う風習があります。テボルムが近くなると市場には落花生、クルミ、栗、松の実などが並びます。これらを食べると一年間でき物や腫れ物ができないと言われているんです。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
韓国では旧暦1月15日(今年は2月21日)にテボルムという無病息災を願う風習があります。テボルムが近くなると市場には落花生、クルミ、栗、松の実などが並びます。これらを食べると一年間でき物や腫れ物ができないと言われているんです。
テボルムに食べる代表的なものは五穀飯(オゴッパッ)です。地域により入れるものは変わりますが、うるち米、豆、小豆、もち米、あわなどを混ぜてご飯を炊きます。全ての穀物が熟し、豊作になることを祈願する意味でこのような五穀飯を食べるようになったそうです。
テボルムの日には「ヂブルノリ(ひものついた空き缶に炭を入れて、火をつけてぐるぐる回す)」といった、火を使った遊びも多く行われます。これは火を使って悪いものを追い払い、豊作を祈るものなんです。
凧揚げもテボルムに行われる伝統的な遊びです。一年の災難を飛ばしてしまうという意味で、空高く凧を飛ばしたあと糸を切ってしまうのです。こうしてテボルムの日には、一年の豊作と幸運を祈願する行事が各地で行われるのです。
2/18(月)
四大陸選手権の舞台裏に潜入!
2/20(水)
ソウルっ子はビビッドカラーがお好き!
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]