韓国旅行「コネスト」 崇礼門の崩壊を惜しむ人々 | NOW!ソウル
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > NOW!ソウル > 崇礼門の崩壊を惜しむ人々
バックナンバーリスト
前の日 2008年 次の日
お気に入りに追加 印刷する
崇礼門の崩壊を惜しむ人々
崇礼門(スンネムン)が全焼して3日。崇礼門の崩壊を惜しみ、それぞれの思いを抱いて今日も多くの人たちが訪れました。悲しむ市民、その様子を取材する報道陣、見物しにくる人々などであふれ、空気が張り詰めたような厳粛な雰囲気が流れています。 前へ前へ次へ次へ
この写真の使用料見積り(メディア様用)
崇礼門(スンネムン)が全焼して3日。崇礼門の崩壊を惜しみ、それぞれの思いを抱いて今日も多くの人たちが訪れました。悲しむ市民、その様子を取材する報道陣、見物しにくる人々などであふれ、空気が張り詰めたような厳粛な雰囲気が流れています。
黒い灰となった崇礼門の撤去作業も徐々に進み、かすかに見える焼け焦げた姿に胸が痛みます。見守ることしかできない国民たちは、もどかしく遺憾な気持ちでいっぱいでしょう。
お酒や食べ物を備え、人が亡くなったときに行う追悼の儀式まで行われ、国宝第一号がなくなった国民たちの衝撃の大きさがうかがえます。
氷点下の中、ハルモニ(おばあさん)は喪服の白い韓服(ハンボッ:チョゴリ)を着て、国宝第一号の崩壊を、悲しみ惜しみます。
容疑者が捕まり国民たちはホッと安心はするものの、放火で全焼したという事実に悔しさと悲しさを隠し切れません。国民たちはいち早い復元と、これからの国宝の万全な警備を願うばかりです。
2/12(火)
ありし日の崇礼門(スンネムン)を偲ぶ。
2/14(木)
届け!!愛、叶え!!恋
バックナンバーリスト
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳


明洞で今もっともアツい秋冬屋台グルメは!? 16.10.27(木)

韓国初の「ミシュランガイド」ソウル版発表! 16.11.08(火)

食欲の秋にぴったり!いま人気の韓国食べ放題のお店 16.10.14(金)

ロングダウンコートが流行の兆し! 16.12.02(金)

秋のカロスキル!街歩きスタイルは? 16.11.04(金)
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]