韓国旅行「コネスト」 GM大宇、「つぶれた会社」のイメージ捨てて「シボレー」で再スタート。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > GM大宇、「つぶれた会社」のイメージ捨てて「シボレー」で再スタート

GM大宇、「つぶれた会社」のイメージ捨てて「シボレー」で再スタート

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
45年間、世界100カ国余りで名前が知られてきた大宇(デウ)自動車が歴史の中に消える。GM大宇は20日、ソウル獎忠洞(チャンチュンドン)新羅(シンラ)ホテルで会社名変更および「シボレー」ブランド発表会を開いた。同社は3月から社名をGMコリアに改める。

これを受け、世界各国を走ってきた「大宇自動車」ブランドが消えることになった。東欧などで「大宇」ブランドで販売してきたモデルもすべて「シボレー」に変わる。ただ準大型「アルフェオン」と軽商用車「ダマス」「ラボ」は従来の社名を使用する。

マイク・アカモンGM大宇社長は「内需シェアの向上とグローバルブランドとしての成長のためにブランドを変更した。社名もGMコリアに改め、GMグループの子会社として内需市場の拡大と輸出に力を注いでいく」と述べた。

社名の改称は各種調査の結果による。昨年、GM大宇の従業員を対象に調査した結果、90%が大宇の名前を除くのがよいと答えた。外部調査では大宇ブランドからは「つぶれた会社」というイメージが思い浮かぶことが分かった。

2月から生産される「マティス・クリエイティブ」と「ラセッティ・プレミア」はそれぞれ「シボレー・スパーク」「シボレー・クルーズ」に変更される。また、既にこれらの車に乗っている顧客がシボレー・ロゴへの変更を希望する場合、少額(10-20万ウォン)でロゴを取り替えることを会社側は検討している。昨年12月に生産を中断した「ウィンストーム」も4月に「シボレー・キャプティバ」、「トスカ」も下半期に「シボレー・マリーブ」に変わる。

GM大宇は今年、8モデルの新車を発表するなどマーケティングと広告費を増やし、内需販売を17万台に増やすことにした。これは昨年(12万5730台)比35%増。来年は20万台超を目指す。数年以内に内需市場シェア20%達成が目標だ。

一方、大宇自動車出身のあるGM大宇ディーラー社長は「シボレーは米国で現代車と似た大衆車なのでプレミアムのイメージがない。社名を変えて新しいブランドを導入するよりも、燃費と内装材を高級化する商品性の改善があってこそ、消費者の関心を引くことができるだろう」と指摘した。

▽シボレー=1911年に設立。当時のスイス生まれフランス人有名カーレーサー、ルイ・シボレーの名前に由来する。現在、GMグループのキャデラック・ビュイック・GMCとともにGMのグローバルブランド。GM全体の販売台数で53%を占める。昨年426万台が売れ、トヨタ・フォード・フォルクスワーゲンに次いで自動車単一ブランドで世界4位だった。本来は「シェボレー(Chevrolet)」であり、「シボレー」は1950年代から日本で使用されてきた日本式表記法の残滓。
 
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2011年01月21日 14:31
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 現代商船、昨年の営業利益6017億ウォン…過去最高
  • 「公共機関関係者も肌着着用を」、首相が呼びかけ
  • SNS元祖の世界化失敗原因、日本ではやはり「独島問題」
  • トヨタ「レクサス」、京畿道・一山にも展示場オープン
  • 李健煕会長、日本で昔の友達と会ってまいりました「10年後は…」
  • 関連記事
  • 【写真】歴史の中に消える大宇自動車(1)
  • 【写真】歴史の中に消える大宇自動車(2)
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]