韓国旅行「コネスト」 秋のにわかベビーブーム…新生児の増加率アップ。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 秋のにわかベビーブーム…新生児の増加率アップ

秋のにわかベビーブーム…新生児の増加率アップ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ベビーブームでも到来したのだろうか。昨年同月比の新生児の増加率が9・10月連続で10%台に上昇した。

23日、統計庁によると今年10月の出生児は4万3600人で、昨年同月比5900人(15.6%)増えた。 9月には4000人(10.5%)増加した。まだ出生届が出されていない赤ちゃんを勘案すると、上昇率はさらに高まる見込みだ。これは2007年10月(18.6%)以来、3年ぶりの最高値だ。2007年は、福をたくさん受けるといういわゆる「黄金ブタの年」だったが、今年はそのような俗説は関係ない年だ。

そうかといって一時的な流れに留まっているのでもない。8カ月間、増加傾向にある。出生児は2008年3月から今年1月まで23カ月連続で減少したが、今年1~10月の累計は39万2900人で昨年同時期の38万6100人より4.5%増加した。3~8月は2.4~5.8%と1ケタ台で推移していたが秋に入ってから突如2ケタ台に乗った。

ソ・ウンジュ人口動向課長は「2008年9月のリーマンブラザーズ破産以降、本格化したグローバル危機の影響を受け、昨年は出生児が大きく減った」とし「今年の増加率が相対的に高く表れたことは、これによる基底効果と見ることができる」と話した。実際、グローバル金融危機の最中だった2008年9月から2009年2月の間にお腹にいた赤ちゃんが生まれた昨年下半期は出産が大きく減少した。

政府の多子女支援対策が効果を発揮したという分析もできるという。ソ課長は「昨年同月に比べ、第2児以上の出産率が高まった影響が作用した」と述べた。
 
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月24日 14:34
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 三星電子の役員、ストックオプション行使で巨額の差益
  • 外国人観光客ことし880万人に、過去最多記録
  • 済州産のトラフグ・サワラ、日本輸出が好調
  • 軽自動車販売が過去最多に、ことし15万8千台予想
  • 石油・ガス自主開発率、2019年まで30%に
  • 関連記事
  • 出生児数、25カ月ぶり増加
  • 韓国の出生率・失業率、G20で最低水準
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ムン・ソリと西川美和監督 あす対談
    イ・ヨンエ、「女神」のように登場
    「限韓令」も防げないコン・ユの人気
    G-DRAGONのMV1億再生突破
    海事大学卒業式、新しい出発へ
    ギャラクシーS8、3~4月公開
    「ポケモンGO」韓国でサービス開始
    百貨店の旧正月ギフト 売上高が減少
    「朴大統領の裸体」風刺画に批判の声
    朴大統領、弾劾可決後初の外出
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    17.01.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]