韓国旅行「コネスト」 現代車、第3世代水素燃料電池車を開発。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 現代車、第3世代水素燃料電池車を開発

現代車、第3世代水素燃料電池車を開発

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する


現代(ヒョンデ)自動車は19日、「ツーソンix水素燃料電池自動車(FCEV)」の開発が完了し、来年から実証事業に投入すると明らかにした。水素燃料電池自動車は水素・酸素の化学反応を利用して電気をつくる燃料電池で電気モーターを稼働させる環境対応車。

新しく開発されたモデルは現代車の第3世代FCEVで、水素燃料1回の充填で最大650キロ走る。同じ車種のガソリンエンジン車(644キロ)と比較して最大走行距離が長い。08年に旧型ツーソンをもとに開発した第2世代FCEV(370キロ)に比べると75%も増えた。燃費も第2世代は27キロ(ガソリン換算基準)だったが、今回の第3世代モデルは31キロ。気温が氷点下25度以下に落ちても始動する。

現代車は今回の第3世代モデルを開発するのに120余りの国内部品会社と協力し、核心部品を95%以上国産化した。また主要部品を統合し、燃料電池システムの大きさを20%以上減らした。

現代・起亜車は来年、現代ツーソンix FCEV48台と起亜(キア)モハビ FCEV52台の計100台をソウルを含む首都圏と蔚山(ウルサン)地域で試験運行する予定だ。

現代車グループの関係者は「政府およびエネルギー業界と協力し、2012年にFCEVの試験普及を始め、2015年に本格量産を始める計画」と述べた。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年12月20日 11:40
コネスト関連記事
  • ソウルモーターショー
  • 第21回〜三嶋咲栄さん(ORIXキャピタルコリア)
  • 韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 軽自動車販売が過去最多に、ことし15万8千台予想
  • 石油・ガス自主開発率、2019年まで30%に
  • 「韓国の海に出てこそ金になる」…中国漁船の違法操業が深刻
  • 現代グループの現代建設買収が白紙へ
  • アシアナ航空、国際線年間搭乗客が初の1千万人突破
  • 関連記事
  • ベールを脱いだ現代車「新型グレンジャー」
  • 現代車「NFソナタ」、走行中にエンジンから出火
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    姜正浩選手飲酒運転・逃走容疑で立件
    韓国映画産業、経済効果は6兆ウォン
    無人車のための「頭脳」、開発に成功
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    イ・ビョンホンが主演俳優賞
    16.11.26
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]