韓国旅行「コネスト」 「喫煙後のストレス解消感は錯覚」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 「喫煙後のストレス解消感は錯覚」

「喫煙後のストレス解消感は錯覚」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
タバコを吸えばストレスが解消されると感じるのは錯覚だ、という研究結果が発表された。韓国食品研究院とバイオベンチャー企業「ナチュラルF&P」の研究陣が20~50代の男性喫煙者49人を対象に調べたところ、喫煙がむしろ身体のストレスを高めていることが分かった。

15日に発表された調査結果によると、タバコ10本を吸った後、実験対象者の身体ストレス指数は平均96.9から106.0に高まり、疲労度は107.2から115.8に上昇した。ストレスに耐える能力も93.4から87.0に落ちた。平均心拍動数は、喫煙前76.2から喫煙後81.7へと高まり、正常な範囲(70~80)を抜け出しており、自律神経は59.7で、不均衡の状態に変わったとのこと(均衡レベルは0~50)。

喫煙者が「タバコを吸えばストレスが解消したように」感じるのは、ニコチン中毒によるものという。喫煙から約2時間後には血中ニコチンが半分ほどに減り不安感が生じるが、その時ニコチンを再び供給すれば不安感が減り、それによってストレスが解消したと感じるとのこと。食品研究院の韓大錫(ハン・デソク)博士は「喫煙者はニコチン中毒現象の支配を受けているだけ」とし「喫煙がストレスの解消策だという認識は錯覚にすぎない」と語った。

朴恵民(パク・ヘミン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年10月15日 17:12
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • シングル狙った「リトル焼酎」が登場
  • 大学卒業までの養育費、1人=2億3200万ウォン
  • LG「L704i」、日本市場に進出
  • 金海空港国際線ターミナル、完工式を31日に延期
  • ロッテ百貨店、7カ国語対応の通訳サービス実施
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    日米韓6カ国協議代表13日ソウルで
    朴正熙生家放火犯、常習的遺跡テロ
    俳優キム・ボソン日本人格闘家と激突
    新国定歴史教科書をめぐる溝深まる
    朴大統領の支持率やや上昇二桁に
    目標は韓国のごま油の世界化
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    <ゴルフ>韓国女子が「名古屋大捷」
    世界的に広がる孤立主義-日中韓は?
    THAAD配備で中国が韓流締め出し
    三星ギャラクシーブランド価値首位
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]