韓国旅行「コネスト」 [芸能]ホン・ソクチョン「カミングアウトで生まれ変わった」。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > [芸能]ホン・ソクチョン「カミングアウトで生まれ変わった」

[芸能]ホン・ソクチョン「カミングアウトで生まれ変わった」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル28日聯合ニュース】韓国芸能人で初めて同性愛者であることをカミングアウトしたタレントのホン・ソクチョンが28日、駐韓米国大使館で開かれた同性愛者人権懇談会に招かれ講演した。
 米国では6月はゲイプライド月間とされている。先月末にオバマ大統領がプライド月間を宣言したことを受け、米国外交官4人による大使館の同性愛者の会(GLIFAA)が懇談会を主催し、人権団体と駐韓米国大使館の関係者約100人が出席した。

同性愛者ということだけで無視されるのが何よりも嫌で、2000年にカミングアウトから10年間、生き残るために必死だったと振り返ったホン・ソクチョンは、カミングアウトを決心したきっかけとその後の変化、今後の計画について話した。

 寝ずに働くことに慣れたため、不眠症にワーカホリック(仕事中毒)症状もあるという。韓国で同性愛者が認められるには、異性愛者の10倍頑張らなければならない、同じ生活をしては認めてもらえないと語った。

 カミングアウト前は自分がゲイということを恥ずかしく思い隠していたが、オランダ人男性との出会いで誇りを取り戻し、自分も美しい人間なのだということに気づき、別れた後にカミングアウトを決意したという。

 ホン・ソクチョンは2000年9月に自ら同性愛者と明らかにし、社会的な論争を呼んだ。出演中だったすべてのテレビ番組から降板し、厳しい時期を過ごすことになる。当時は韓国で暮らすのが怖く、不当解雇で弁護士にアドバイスを受けたこともあった。弁護士に訴訟を勧められたが、韓国でどれほど敏感な問題かはよく分かっていたし、テレビ局の人々に迷惑をかけたくないと、訴訟は諦めた。

 その後は実業家として成功を収め、テレビへの復帰も果たした。また、性的少数者の立場を代弁する社会運動家としても活動している。

なぜカミングアウトを選択したかという質問に、ホン・ソクチョンは「幸せになりたかったから」と答えた。歳を尋ねられるときには、10歳だと答えるという。10年前のカミングアウトで、生まれ変わったと思っているからだ。

 「1度もカミングアウトを後悔したことはありません。うそをつく必要がなくなり、幸せでした。数多くの困難を克服する力になったのが、カミングアウトでした。10年前と同じ機会が与えられたら、またカミングアウトするでしょう」。

 今後は韓国の性的少数者が与えられた人権を享受して生きられるよう、力を尽くしたいと意欲を示した。韓国でも同性愛者が登場するドラマが放送されるなど、最近のメディアを見ていると、一般国民の見方がオープンになったように思うとかたった。しかし、政府レベルで発展すべき部分は依然多いとし、職場での同性愛者に対する差別行為の禁止、同性愛者人権団団体への政府支援などを呼びかけた。政治家に心を開いてほしいが、難しいならば自身が政治に飛び込むことも考えていると明かした。バッシングに鍛えられた自分なら耐えられるだろうと笑った。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年06月29日 16:05
コネスト関連記事
  • OUR PLACE
  • 韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • キム・ナムギルに入営通報 ドラマ「悪い男」が危機 
  • 東方神起3人「SM、30億ウォン支給せよ」損害賠償訴訟
  • キム・ソウン、にせ物ツイッターに驚き
  • ソ・ジソブ「6カ月撮影中、毎日戦闘する夢を見た」
  • パク・ヨンハ-ユン・ウネ、ドラマ「ラブソング」で恋人役
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    朴大統領、特検捜査に対応を表明
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    新高速鉄道の運行開始
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    俳優キム・ボソン日本人格闘家と...
    16.12.05
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]