韓国旅行「コネスト」 玄貞恩現代会長「金剛山・開城観光は民族和解事業」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 玄貞恩現代会長「金剛山・開城観光は民族和解事業」

玄貞恩現代会長「金剛山・開城観光は民族和解事業」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代(ヒョンデ)グループ会長が12日、金剛山(クムガンサン)観光問題について口を開いた。「現代が開いた南と北の民族和解事業である金剛山・開城(ケソン)観光は継続されなければならない」と述べた。この日、ソウル蓮池洞(ヨンジドン)の社屋で開かれた「ビジョン2020宣言式」の記念演説でだ。

現代峨山(ヒョンデ・アサン)の金剛山観光は08年7月から中断されている。玄会長は「当局間の対話が進展すれば道が再び開かれ、より大きな希望の扉と祝福の通路が大きく開かれると確信している」と述べた。また「先代会長から譲り受けた現代グループを育てて後輩に譲るという使命が私たちにはある」と強調した。「現代グループをグローバルリーダーグループへとさらに一段階成長させ、対北朝鮮事業を通して統一の礎石を築くことは、必ず成し遂げなければならない歴史的使命」という言葉も述べた。

玄会長のこの日の発言には、故鄭周永(チョン・ジュヨン)名誉会長が始めた対北朝鮮事業をここで止めることはできないという意志が込められている。玄会長は「今は厳しくても、頂上は思っている以上に近くにある。厳しい時期を迎える度に私たちに与えられた歴史的使命を思い出そう」と力説した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年04月13日 12:00
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 2012年核安保首脳会議、韓国で開催
  • 脱北者拉致して北送…スパイ容疑者を拘束
  • 青少年のオンラインゲーム利用を制限、政府が対策
  • 「北に不満、政府に頼みたくても…」話せない現代峨山
  • 【海軍哨戒艦沈没】「生きて帰ってきてくれてありがとう」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]