韓国旅行「コネスト」 結婚が最も多いのは10月、離婚は月別格差少なく。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 結婚が最も多いのは10月、離婚は月別格差少なく

結婚が最も多いのは10月、離婚は月別格差少なく

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
結婚が最も多いのは10月、出生と死亡は1月、離婚は3月に多いと集計された。

統計庁が2日に公表した人口動向資料によると、2005~2009年の5年間の婚姻総数は、発生基準で161万4845組、月平均2万7081組だった。月平均婚姻数は、10月が3万8397組で最も多かった。次いで11月、一般的に「結婚の月」というイメージが強い5月は3番手だった。一方、7月、8月、2月の順で婚姻数が少なく、真夏と真冬は挙式を避ける傾向が顕著だった。

婚姻届出数基準では、12月、11月の順で多く、年を越す前に届出を済ませようという心理が働き、年末に届けが集中する傾向があると分析された。

同期間の離婚総数は61万7466組、月平均では1万291組だった。3月が最多、9月が最少だったが、月別格差は婚姻に比べ大きくない。結婚には特定時期を好むが、離婚は特に時期を意識していないことが分かる。

出生児数は228万7465人で、月平均3万8124人だった。月別では、1月が平均4万3192人で最も多く、3月、10月、9月と続く。反対に、12月、6月、7月の順で出生児が少ない。以前は出来る限り早く小学校に入学させたがっていた親が、最近では遅く入学したほうが有利との認識が広まったためか、年初に子どもを産もうとする傾向が強く、そのため、1月の出生児が最も多く、12月が最も少ないのではないかとの説明だ。

月平均死亡者数は2万396人で、月別では1月、12月が最も多く、6月、9月、7月の順で少なかった。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年04月02日 11:39
コネスト関連記事
  • 韓国の結婚準備
  • 韓国の結婚式
  • 韓国での結婚・離婚の手続き
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • アジア人の体質・病気が分かる遺伝子地図
  • 【私の考え…】ソウル、「割れ窓」を取り替える時
  • 全州国際映画祭29日開幕、49カ国209作品上映
  • 【写真】日光が必要
  • VANKが日本の小学生に独島PR、地図寄贈など
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    朴大統領、4月退陣の意向表明か
    キム・ジュンス、ドラマOSTを公開
    農心ラーメン、年間輸出規模1億ドル
    韓国最高ブランド、ギャラクシー1位
    日本映画4作品、釜山で今週末上映
    ことしの訪韓外国人観光客過去最多
    WBC韓国代表、チーム構成に問題
    新人女優チェ・ソジン映画試写会登場
    イ・ビョンホン、映画イベントに参加
    日米韓6カ国協議代表13日ソウルで
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]