韓国旅行「コネスト」 大韓帝国時代の火縄銃、在日同胞が博物館に寄贈。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 大韓帝国時代の火縄銃、在日同胞が博物館に寄贈

大韓帝国時代の火縄銃、在日同胞が博物館に寄贈

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
国立中央博物館は4日、日本・茨城県水戸市の在日同胞事業家、イ・ソクジョ(日本名:木本敏夫)さんが火縄銃(138センチ)1点を寄贈したと明らかにした。

この銃は製作時期が大韓帝国(1897~1910年)時代と初めて確定された火縄銃だ。博物館側の説明によると、1901年に江華島兵器庫に格納されていたことを示す墨書銘文とともに、大韓帝国皇室の紋章が入っている。また、保存状態が非常に良好で、鉄製部分の銃身に黄銅で「武」と刻まれているなど、ほかの火縄銃では見られない重要な特徴もあると付け加えた。

木製部分の銃身には「辛丑改備江華庫蔵(辛丑年に江華の兵器庫に改修し、格納した)」と書かれた墨書が確認された。この銘文は1900年、江華に編制された大韓帝国の鎮威第1連隊の存在を示唆する重要な資料だと博物館は説明した。

寄贈者のイさんは、日本で昨年9月に同銃を購入し、東京の駐日韓国文化院を通じて国立博物館に寄贈した。イさんは「普段から韓日の歴史と文化に関心が高かった。知人を通じ、この火縄銃の存在を知り、一日も早く韓国に返還したいと考えていた」と明らかにした。また、現在は日本国籍を取得しているが、祖国の韓国に文化財を返還できてうれしいと感想を述べた。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年03月05日 10:41
コネスト関連記事
  • 国立中央博物館
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • ソウルのバス点検「外国人モニター」登場
  • 日本でマッコリ人気続く、輸入量10年で10倍に
  • 小学校教師1人当たりの児童数、初めて20人以下に
  • 昨年の暴力デモ45件…1年間で半分に
  • 【写真】釜山市役所の楽しい国楽コンサート
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ムン・ソリと西川美和監督 あす対談
    イ・ヨンエ、「女神」のように登場
    「限韓令」も防げないコン・ユの人気
    G-DRAGONのMV1億再生突破
    海事大学卒業式、新しい出発へ
    ギャラクシーS8、3~4月公開
    「ポケモンGO」韓国でサービス開始
    百貨店の旧正月ギフト 売上高が減少
    「朴大統領の裸体」風刺画に批判の声
    朴大統領、弾劾可決後初の外出
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    17.01.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]