韓国旅行「コネスト」 韓米が平和体制推進策の協議開始、駐韓米大使。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 韓米が平和体制推進策の協議開始、駐韓米大使

韓米が平和体制推進策の協議開始、駐韓米大使

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル13日聯合】米国のバーシュボウ駐韓大使は13日、韓米政府が朝鮮半島の平和体制を共同でどのように進めていくかについて協議を始めたと明らかにした。

 バーシュボウ大使は韓国国防安保フォーラム主催の講演会で、平和体制についての議論は大変複雑な過程になり、あらゆる面を取り扱うことになるだろうと述べた。単に朝鮮戦争の終結を宣言するのではなく、それ以外の多くの具体的な規定に従わなければならず、そこには軍事的な信頼構築問題も含まれるため長い時間がかかるとの見通しを示した。朝鮮半島の平和体制議論に参加する国として、韓国と北朝鮮、米国、中国の4カ国を挙げ、南北が主導、米中は交渉支援を担うとした。

 ただ、先週シドニーで開かれた韓米首脳会談でブッシュ米大統領は、北朝鮮の非核化が実現しなければ平和体制を築けないとの点を明確にしたと、バーシュボウ大使は指摘した。ブッシュ大統領の発言を、「北朝鮮が一方で核で脅威を与えながら、他国との平和体制を築くことは不可能だということを明確に述べたもの」と説明した。米国の方針は、北朝鮮の非核化に進展があって初めて、これに関連する平和交渉でも進展があるとするものだという。朝鮮半島全般の安保環境に変化をもたらす平和交渉は、北朝鮮の完全で検証可能な非核化が行われる時に可能になると強調した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年09月13日 13:58
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 盧大統領「北朝鮮で働ける場を用意する」
  • 「軍は必ず!」、5年間免除者など4363人が再検査
  • <インタビュー> 音楽家・画家として活躍するマキ奈尾美さん
  • 6カ国協議に北核問題押し付ける盧大統領
  • 韓国に来た“空のホテル”A−380
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓が観光交流促進協議に署名予定
    G-DRAGONブランド、海外進出
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    韓国人が最も好きな広告モデルは?
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]