韓国旅行「コネスト」 アフガン帰国者「奴隷のような生活だった」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > アフガン帰国者「奴隷のような生活だった」

アフガン帰国者「奴隷のような生活だった」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
アフガニスタンの武装勢力タリバンに拉致され、無事解放された帰国者の一部は、拘束期間中、土窟でつらい生活を送っていたことが分かった。

ジェ・チャンヒさん(38)は12日、京畿道安養(キョンギド・アンヤン)の病院で他の帰国者20人と記者会見を行い、このように語った。

ジェさんは「拘束されていた45日間のうち、南部の山岳地帯(海抜3000メートル)の土窟で20日間余り過ごし、暴力も受けた」と述べた。 40日間着ていたピンクの半袖シャツと穴の開いたズボンも公開した。

ジェさんは「(タリバン兵士が)素手でオートバイの道をつくらせたほか、土窟に入った毒ヘビを木でつかむよう命じた」し、「タリバン兵士は(私たちに)改宗を強要し、これを拒んだところ、銃を首に向け、足と木の枝で殴られた」と語った。

ジェさんと一緒に拘束されていたソン・ビョンウさん(33)は「穴にはまって胸の骨を負傷した。チリ紙がなかったため、本をちぎってチリ紙の代わりに使った」と当時の状況説明した。

帰国者は拘束期間中、最高24回も移動した。 当初23人全員が一緒にいたが、4日後の7月23日、12人と11人に分けられた。2つのグループに分けられた翌日、4−7人の4グループに分散させられ、さらにその当日または翌日に2−4人ずつの6グループに分けられた後、先月30日に解放されるまで5カ所で拘束されていた。 深夜だけでなく昼間にも場所を移動させられたという。

帰国者らはこの日退院した後、一定期間は団体療養を行う予定だ。





安養=鄭泳鎮(チョン・ヨンジン)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年09月12日 17:21
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 園児・小中高校生数828万人、少子化で減少続く
  • 偽留学生を見分けろ、大学と出入国事務所が協力
  • アフガン帰国者らが退院会見、政府と国民に謝罪
  • メッセンジャー、月曜日が最も混雑
  • 上場100社の職員平均給与419万ウォン
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国最古の金製工芸品
    韓国男子フィギュアに期待の新星
    職務停止の朴大統領 官邸で休息
    7週目の集会はお祭りのよう
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    新高速鉄道の運行開始
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]