韓国旅行「コネスト」 韓国労働研究院、国策研究機関初のロックアウトへ。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 韓国労働研究院、国策研究機関初のロックアウトへ

韓国労働研究院、国策研究機関初のロックアウトへ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国労働研究院(院長:朴基性)が30日午後4時20分、労組員の争議行為に対抗し、ロックアウト(作業所閉鎖)を断行した。

国策研究機関が労組のストライキに対抗しロックアウトに踏み切った初のケースとなる。朴基性(パク・ギソン)院長は中央日報の電話取材に対し「71日間も労組がストライキを展開し、国策研究機関としての機能をきちんと遂行できなかった」とした後「止むを得ずロックアウトを断行することになった」と明らかにした。

韓国労働研究院の労組は修士級以下の職員57人(博士1人)からなっている。今年9月21日から、研究院が団体協約の解約を通報したのを受け、71日間にわたりストライキを展開中だ。

朴院長は「労組員が研究院内にスピーカーを設置し、80デシベル以上の騒音を起こすなど研究活動を深刻に妨害している」とした。韓国労働研究院はソウル汝矣島(ヨウィド)の中小企業会館9階を賃貸し使っている。朴院長は「労組が団体協約の内容のうち人事・経営権を侵害する条項を削除しない限り、労組と交渉しない」と述べた。

労組は「研究院がきちんとした交渉も行わず、一方的に団体協約を解約した」としている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月01日 12:38
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 李明博政権、「公企業改革」スピードアップへ
  • 故金大中大統領の生涯を映画化、「忍冬草」
  • 【写真】「大統領との対話」
  • ベンチャー活性化で青年失業解消を、李大統領
  • 国防部「軍服務期間、21〜22カ月が望ましい」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    ギャラクシーノート7の発火原因
    主要4カ国駐在大使ら初の情勢点検会
    外貨預金残高 7カ月ぶり低水準
    国政介入事件 次はロッテとSKか
    整形経験者91.3%、性格も変わる
    韓国「放棄世代」、余暇や結婚も放棄
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]