韓国旅行「コネスト」 女性部、婚姻憑藉姦淫罪廃止意見。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 女性部、婚姻憑藉姦淫罪廃止意見

女性部、婚姻憑藉姦淫罪廃止意見

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
女性部は「婚姻憑藉姦淫(結婚を口実に関係をもつ)罪は違憲」という意見書を憲法裁判所に提起したと7日、確認した。憲法訴願事件公開弁論(10日)を控えてのことだ。

女性部がこの罪に対して公式的に反対の立場を明らかにしたのは初めてだ。刑法304条(婚姻憑藉などによる姦淫)は「婚姻を言い訳とするかその他偽計として婦女を欺瞞して姦淫した者は2年以下の懲役または500万ウォン以下の罰金に処する」と規定している。女性部チョ・ジンウ政策総括課長は「この罪は“女性は貞操または処女性を守らなければならない”という意味を内包しており、女性のみを被害者に見ることも男女平等に反する」と話している。

一方、法務部は「現行法が過剰禁止原則に違反せず、平等原則に反する程度でもない」と明らかにした。先立ってイム某さん(33)は「刑法304条が性的自己決定権と私生活の秘密を侵害し、平等原則に反する」と昨年、憲法訴願を起こしている。




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年09月08日 10:08
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】秋夕ギフトにワインを
  • ソウルの勤労者、東京より1年に315時間多く働く
  • 「60年後、韓国の半分で冬消える」
  • 「小説を同時に発表します」…手を握った韓日中文芸誌
  • ごみの埋め立てノウハウ、中国・ベトナムに輸出
  • 関連記事
    玄貞恩会長「影響力ある女性100人」に選ばれる
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]