韓国旅行「コネスト」 北朝鮮から戻った女性記者らにラブコール殺到。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 北朝鮮から戻った女性記者らにラブコール殺到

北朝鮮から戻った女性記者らにラブコール殺到

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 10日付の英日刊紙デイリーメール・電子版が報じたところによると、141日間も北朝鮮に拘束された後、ビル・クリントン元米大統領と共に帰国した米国人女性記者ローラ・リン(中国系)、ユナ・リー(韓国系)さんらが北朝鮮で体験したことが、遠からず本または映画として作られるものとみられる。

報道によると、米国の大手出版社ハーパーコリンズは、2人に拘束と解放の過程すべてを記述する見返りに100万ドル(約9700万円)を提供すると提案した。また、米国の主要テレビ局が2人との初の独占インタビューのため競争しており、一部は数百万ドルを提供する意向を示したという。

ハリウッドの映画制作会社は2人の物語を映画化するため、2人と家族に接近している。デイリーメールは「邪悪な北朝鮮の独裁者に捕まり危険に処された2人の美しい女性を大統領経験者が救出するというあらすじの映画は、ハリウッド・ブロックバスターの素材を完ぺきに備えている」と報じた。

ローラ・リンさんの夫、イアン・クレイトンさんは映画会社との接触について「申し訳ないが、現在は何も話せない。それについてのコメントが禁止されている。現在進行中の交渉を壊したくない」と語った。スコットランド出身の数学者である同氏は現在、金融アナリストとして活動している。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年08月11日 08:59
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 北に拘束されていた開城職員、137日ぶり解放
  • 「消滅時効」の壁、補償受けられない被強制徴用者
  • 李大統領「グリーン技術よりまずグリーンライフ」
  • 「米女性記者、30秒だけ北朝鮮の国境越えた」
  • 光復節マラソン大会、在韓日本人も参加可能に
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]