韓国旅行「コネスト」 「米女性記者、30秒だけ北朝鮮の国境越えた」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 「米女性記者、30秒だけ北朝鮮の国境越えた」

「米女性記者、30秒だけ北朝鮮の国境越えた」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 北朝鮮に拘束されていたアメリカ人女性記者のローラ・リンさんとユナ・リーさんは実際に北朝鮮の国境を不法に越えたと、ローラ・リンさんの姉リサ・リンさんが6日明らかにした。

リサさんはこの日、米CNN放送とのインタビューで「妹は『北朝鮮の領土を少しだけ踏んだ』と話した」と伝えた。

リサさんは「2人は最初から北朝鮮に入ろうとしていたわけではなかった」とし「30秒ほど国境を越えたのが大きな問題につながった」と強調した。 また「妹はどういうことがあったのかを正確に伝えることを望んでおり、このことに関する記事を書くと思う」と話した。

リサさんは「ローラは拘束中にあった苦しい体験のため非常に疲れていて、感情が高ぶっている状態」と伝えた。 さらに「妹は数カ月間孤立して過ごしたため、一人になることを嫌がっている」とし「昨日はとても疲れていると言ってしばらく眠ったが、その間も『姉はずっとここにいるのか』と何度も尋ねてきた」と話した。 リサさんは「ユナ・リーさんの家族も後遺症に苦しんでいる」と伝えた。

リサさんによると、ローラさんは拘束中に人間的な待遇を受けたが、食事がよくなく、電話も盗聴されたという。 リサさんは「ローラの部屋には監視院2人が昼夜に見守り、2人は妹に話しかけることはなかったが、親近感を見せたと聞いた」と説明した。 また「ローラは何かを読んだり、運動のため部屋の中をぐるぐる回ったりしながら過ごし、水がよく出なくなるため、いつ髪を洗うか悩んでいたという」と伝えた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年08月08日 10:55
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 北朝鮮から戻った女性記者らにラブコール殺到
  • 李大統領「グリーン技術よりまずグリーンライフ」
  • 光復節マラソン大会、在韓日本人も参加可能に
  • 李大統領「財産差し出す大統領になりたかった」
  • 政府事業、5つに1つは落第点
  • 関連記事
  • 米、北に米国人記者の解放を強く求める
  • 米「米国人記者の解放を最優先」、北へ柔軟姿勢
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    免税店特許期間延長法案が廃案に
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    大統領 弾劾案発議「国民裏切った」
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]