韓国旅行「コネスト」 乱闘の末可決したメディア法の後遺症、代理投票疑惑。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 乱闘の末可決したメディア法の後遺症、代理投票疑惑

乱闘の末可決したメディア法の後遺症、代理投票疑惑

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
23日、国会では、前日に与野党の激しい乱闘の末、可決したメディア法の後遺症が続いた。

野党民主党の議員ら84人はこの日、民主労働党や創造韓国党の議員らと共同で、憲法裁判所に放送法の効力停止仮処分を申し立てるとともに権限争議審判を請求した。

民主党の法律団長、金鍾律(キム・ジョンリュル)議員は「22日に行われた1回目の放送法表決は、実質的な表決の手続きをすべて踏んだものであり、議決定足数不足で明確に否決されたもの」とし「その後、再投票を行ったのは、同一の会期に同じ法案を再表決できないという国会法上の一事不再議の原則により無効だ」と主張した。

民主党は前日に主張した与党ハンナラ党議員らの代理投票をめぐる疑惑も強調した。朴柱宣(パク・ジュソン)最高委員はラジオ番組のインタビューで「キム、イム某議員らハンナラ党の議員およそ10人が別々の議員席に座り投票する姿がマスコミのカメラに捕えられた」とし「今回の投票は源泉的に無効」と主張した。

民主党は調査チームを構成し、本会議場の防犯カメラに収められた資料の保全を要請するなど、代理投票をめぐる疑惑を今後も争点化していく構えだ。元MBC(文化放送)テレビ社長の崔文洵(チェ・ムンスン)議員はこの日「“言論悪法”を防げなかった責任を取り、議員職を辞任する」と宣言した。

朴ヒ太(パク・ヒテ)ハンナラ党代表は最高委員会議で「我々の前には民生問題という大きな山がある」とし「民生解決に全力を尽くすべき」と注文した。続いて「今のような炎天下に場外闘争を展開しても、歓迎する国民はいないだろう」とし、場外闘争を準備中の民主党に圧力を加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年07月24日 08:27
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 李大統領「メディア法、これ以上先送りできない」
  • 【写真】李大統領が忠北・槐山高校を訪問
  • 入院中の金大中元大統領、病状改善で一般病室へ
  • 不況・失業でストレスか、喫煙する男性増える
  • 新聞の放送参入が可決
  • 関連記事
  • 【写真】舌戦だけが飛び交ったメディア法
  • 両党、キム・ヒョンオ議長メディア法仲裁案を批判
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    免税店特許期間延長法案が廃案に
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    大統領 弾劾案発議「国民裏切った」
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]