韓国旅行「コネスト」 焼酎業界の‘まろやか戦争’続く。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 焼酎業界の‘まろやか戦争’続く

焼酎業界の‘まろやか戦争’続く

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
焼酎のアルコール度数を下げる‘低度化競争’が続いている。 生産企業が消費者の嗜好の変化に合わせて‘まろやか味’を追求しているからだ。

焼酎業界1位の真露(ジンロ)は「チャムイスル・フレッシュ」発売1周年となる20日から19.5度リニューアル製品を発売する。 これはアルコール度数を従来の19.8度から0.3度下げた製品。 クリーンなイメージを強調するため商標デザインにも手を加えた。

真露が焼酎のアルコール度数を下げたのは、先月アルコール19.5度の「チョウムチョロム」リニューアル製品を出した競合社の斗山(トゥサン)酒類に対抗するためだ。

焼酎の‘低度化’ブームは1990年代後半から始まった。 98年に真露が25年ぶりに度数を2度下げた23度の「チャムイスル」を発売して以降、焼酎業界は先を競ってアルコール含有量を減らしてきた。 22度、21度と低度化が続くなか、昨年2月、斗山酒類は20度の「チョウムチョロン」を発売した。 この時、真露は20.1度製品で対抗した。焼酎の味を守る‘マジノ線’と見なされてきた20度の壁が崩れたのは、真露が19.8度の「チャムイスル」を発売した昨年8月。 その後、地方酒類業者までが‘まろやか焼酎’戦争に加勢した。

釜山(プサン)・慶尚南道(キョンサンナムド)の大鮮(デソン)酒造と舞鶴(ムハック)は16.9度の超低度焼酎「シーユー」と「チョウンデイ」を発売した。 大邱(テグ)の金福酒(クムブクジュ)は「ザ・ブルー」(17.9度)を、大田(テジョン)のソンヤンは「マルグリン」(19.5度)を相次いで出した。

酒類業界の関係者は「20度の壁が崩れただけに、どこまで下がるか予想するのは難しい」と語った。 しかし「焼酎の味が薄くなった」という不満の声も出てきているため、アルコール度数を下げ続けるのは容易でないという見方もある。

李?祥(イ・ヒョンサン)記者




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年08月21日 14:48
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 三星電子、‘無名’業者に北米市場LCDテレビシェア抜かれる
  • 海外での高額カード使用が急増
  • 韓国、世界シェア1位は59品目
  • ソウル・竜山にランドマーク建設、市とコレール合意
  • ソウル株式が急落、過去最大の125ポイント安
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ムン・ソリと西川美和監督 あす対談
    イ・ヨンエ、「女神」のように登場
    「限韓令」も防げないコン・ユの人気
    G-DRAGONのMV1億再生突破
    海事大学卒業式、新しい出発へ
    ギャラクシーS8、3~4月公開
    「ポケモンGO」韓国でサービス開始
    百貨店の旧正月ギフト 売上高が減少
    「朴大統領の裸体」風刺画に批判の声
    朴大統領、弾劾可決後初の外出
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    17.01.23
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]