韓国旅行「コネスト」 地方消費税・所得税、来年から新設の見通し。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 地方消費税・所得税、来年から新設の見通し

地方消費税・所得税、来年から新設の見通し

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル22日聯合ニュース】地方政府の財政自立を向上させるため地方自治体の宿願として進めてきた地方消費税と地方所得税が、来年新設される見通しだ。

企画財政部と行政安全部、国会が22日に明らかにしたところによると、政府は国務総理室の主管で関係官庁協議を行い、付加価値税(国税)の10%を地方消費税に回し、広域自治体別消費支出の比率により配分することを決めた。2007年の付加価値税収規模(41兆ウォン・約3兆917億円)を考慮すると、毎年4兆ウォンを超える税収が地方税に転換されることになる。

政府はまた、現在、所得税の10%を占める所得割住民税の名称を地方所得税に変更し、税源ひとつに税金を重複賦課する付加税から、独立税に転換することを決めた。ただ、税率は納税者不便を軽減するため、2012年まで現行のまま、所得税課税標準に基づく所得税率の10%で適用する。追って自治体への段階的税率適用権限付与問題などを検討する。

これら税金は、国が徴収し地方に配分する、現行の方法で運営する。税金の性格を地方税に転換したり付加税から独立税に変えるもののため、国民の税負担が増えることはないとの説明だ。

ただ政府は、地方消費税が消費支出の比率により配分されると首都圏と非首都圏間の二極化が深まる可能性があるとみて、財源不均衡解消案をめぐる論議を続けているが、難航している。今月中に話し合いをまとめ、通常国会で関連法を処理する計画だ。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年06月22日 11:58
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 世界銀行「韓国経済は下半期から本格回復」(1)
  • サムスン「Jet」、事前注文だけで200万台超
  • 消費に回復の兆し、「衣食住」支出に動き
  • 韓国経済は来年から回復、SCグループが見通し
  • 携帯電話のアンテナが進化
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国次期大統領選、文氏が快走
    SKT災難向けLTE無線機術を開発
    漢江公園でクロスカントリー
    Rain&キム・テヒ、ハネムーンへ
    不況で一攫千金?宝くじやカジノ盛況
    朴大統領ブラックリスト集中調査
    酷寒でも大統領退陣要求集会
    雪景色が絵画のような美しさ
    2017コリアグランドセール開幕
    反朴政権リスト疑惑で現職閣僚逮捕
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    仁川空港にカプセルホテルオープ...
    17.01.20
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    17.01.19
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]