韓国旅行「コネスト」 庶民は依然生活苦、債務調整申請・相談65万人。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 庶民は依然生活苦、債務調整申請・相談65万人

庶民は依然生活苦、債務調整申請・相談65万人

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル28日聯合ニュース】景気回復への期待感が膨らんでいるが、庶民は依然として貸付利子も返済できないほどの苦境に陥っている。金融業界が28日に明らかにしたところによると、利子が返済できず、信用回復委員会と韓国資産管理公社が進める信用回復支援プログラムを申請・相談した人は26日現在、64万5000人余りと集計された。
 このうち、ことし利子減免などを行う個人ワークアウトを申し込んだ人は、7万9272人に及んだ。昨年通年の個人ワークアウト申請者(7万9144人)を上回る規模だ。金融債務利子を3カ月以上延滞し、個人ワークアウトを申請した債務不履行者(信用不良者)は4万188人で、昨年通年申請者の半数を超えた。利子延滞期間が3カ月未満の人が申請できるフリーワークアウト(事前債務再調整)も、開始から1カ月ほどで4344人が申し込んだ。

 資産管理公社が施行する、低信用者の抱える年30%以上の高金利融資を10~20%の低金利融資に変える転換融資、利子減免と長期分割返済などの恵沢を与える債務再調整の申請者も、3万4700人余りに達した。

 ことし、訪問・電話、インターネットを通じ両機関で債務相談を受けた人は、それぞれ約27万7000人と約28万9000人に及んだ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月28日 12:54
韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 最高裁、「エバーランド事件」李健煕前会長に無罪確定
  • 貸し渋り・消費減少で家計負債が5年9カ月ぶり減少
  • 韓国企業の労働生産性、日本より10%低い
  • 政府「財政支出、当面は減らさない」
  • 今後の景気状況、「改善する」が「悪化する」上回る
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    日米韓6カ国協議代表13日ソウルで
    朴正熙生家放火犯、常習的遺跡テロ
    俳優キム・ボソン日本人格闘家と激突
    新国定歴史教科書をめぐる溝深まる
    朴大統領の支持率やや上昇二桁に
    目標は韓国のごま油の世界化
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    <ゴルフ>韓国女子が「名古屋大捷」
    世界的に広がる孤立主義-日中韓は?
    THAAD配備で中国が韓流締め出し
    三星ギャラクシーブランド価値首位
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]