韓国旅行「コネスト」 大法院が「尊厳死」を認定、人工呼吸器除去認める。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店で期間中使い放題!20%割引☆
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 大法院が「尊厳死」を認定、人工呼吸器除去認める

大法院が「尊厳死」を認定、人工呼吸器除去認める

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル21日聯合ニュース】大法院(最高裁判所に相当)が植物状態の患者の延命治療を中断し人工呼吸器を外すよう命じた判決を初めて出したことから、「尊厳死」の合法化への道が開かれた。
 植物状態に陥っている77歳の女性の家族が、人工呼吸器の取り外しを求め入院先のセブランス病院の運営者、延世大学を相手取った「無意味な延命治療装置除去などの請求訴訟」で、大法院長と大法官で構成される大法院全員合意体は21日、人工呼吸器を外すよう命じた原審の判決を確定した。大法院は「延命治療の中断は慎重に判断すべきだが、患者の状態に照らし合わせ短い期間で死亡に至ることが明白な場合は、死亡段階に入ったと評価することができる。この場合、治療の継続は人間の尊厳性を害するもので、患者の意思を推し量り治療を中断することができる」と明らかにした。

 この患者は昨年2月に肺がんの有無を確認するために組織検査を受けたところ、過多出血による脳損傷で脳死に近い状態に陥った。患者の家族は医療装置での延命は患者の日ごろの考えではないとし、訴訟を起こした。同年11月、ソウル西部地方裁判所は患者家族の請求を初めて受け入れ、今年2月にソウル高等裁判所も同様に人工呼吸器を外すよう判決を出した。1、2審の裁判部は「女性は夫の臨終の際、数日間延命するための手術を拒否しており、日ごろも延命治療を拒否する意向を明らかにしていたため、現在も自然な死を迎えたいという意思があるものと推定される」と判断していた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年05月21日 14:54
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 200億ウォン資産家ゴールドミスが花婿探し
  • 【写真】花博覧会を終えた泰安、緑色観光メッカへ
  • 仁川空港〜江南が56分、地下鉄9号線開通で便利に
  • 韓国からアカシアの木が消える?
  • 文明と日本侵略の道具、鉄道の双面
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    元KARAヨンジのさわやかな笑顔
    仁川空港にカプセルホテルオープン
    潘基文氏、李前大統領と30分間会談
    大田にロボット研究センター開所
    韓国、若者の失業と信用不良の時代
    オン・ジュワンとチョ・ボア 破局
    旧正月を控え、高く積まれる宅配荷物
    ソウルに大雪 地下鉄は混雑
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    Rain&キム・テヒの結婚式写真
    17.01.20
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]