韓国旅行「コネスト」 【BOOK】姜尚中氏「自殺を防ぐ希望のメッセージを伝えたい」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 【BOOK】姜尚中氏「自殺を防ぐ希望のメッセージを伝えたい」

【BOOK】姜尚中氏「自殺を防ぐ希望のメッセージを伝えたい」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
在日韓国人では初めて東京大学の教授がなって話題を集めた姜尚中(カン・サンジュン)大学院情報学環教授(59)。 姜教授が昨年日本で出したエッセー集『悩む力』はこれまで100万部以上売れ、もう一つの‘異変’を生んだ。 出版不況の日本で人文学エッセー集が100万部のベストセラーを記録したこと自体が異例で、その著者が「在日同胞」であることは‘事件’に値する。

最近、韓国語版の出版を迎えて韓国を訪れた姜教授が6日の記者会見で取り上げたのは「自殺」だった。 本を書く動機は、自殺が急増する社会に何かメッセージを送らなければいけない、という義務感だった。

「日本で今年3月の1カ月間、自殺者が4000人を超えた。 98年に自殺者が年3万人を超えて以来、この10年間で30万人が自殺している。 今年は4万人を超える可能性もある。 こういう社会で‘希望’を語ることができるだろうか。 ‘希望’が消えていく世の中で‘悩む力’の重要性を伝えたかった」

韓国の自殺率も経済協力開発機構(OECD)国家で最高水準だ。 07年基準で人口10万人当たり24.8人が自殺している。 これほどの‘民間人死亡’なら韓日両国は‘戦時状況’だ。 社会的な希望の崩壊にともなう自滅的な‘内戦状況’とでも言えるだろうか。

姜教授は「在日韓国人として自分の親の世代は深刻な貧困と社会的差別の中で苦難を経験した。 今は日本社会が全般的に‘在日(同胞)化’している」と指摘した。 過去「在日同胞」が経験した経済・社会的差別を今では日本の非正社員、特に若年層が受けているということだ。姜教授は韓国の‘88万ウォン世代’と似ていると指摘した。

姜教授の目にこうした状況は非常に危険なものとして映っている。 社会的に‘無差別犯罪’の蔓延が懸念される。 姜教授は「社会の安全網から隔離され、‘使い捨ての労働力’扱いを受ける若者は、犯罪を通して暴力的なエネルギーを噴出することも考えられる」と述べた。 理念的にはファシズムの台頭が憂慮される。 現在の経済・社会的危機は第1次世界大戦後のヨーロッパと似ているということだ。 姜教授は「当時、若者の挫折した希望を暴力的に集めた人物がヒトラーだ」と語った。

姜教授は「1年間に数万人の自殺者が出る状況では政府は失格だ」と強調した。 日本のテレビに出演した際、「政府当局者は頭を刈って反省すべきだ」と言って攻撃したという。 韓国も同じだ。 では解決策は何か。

姜教授の著書はドイツ社会学者マックス・ウェーバー(1864−1920)と日本国民作家の夏目漱石(1867−1916)についてのエッセーといえる。 100年前に資本主義の問題に接した代表的知性の「悩み」について今また真摯に悩む必要があるということだ。 社会的には北欧国家の社会保障政策を、韓国や日本のような‘発展主義’国家が採択しなければならないということだ。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年05月07日 16:09
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 「母親として住みやすい国」韓国は世界何位?
  • 【WalkHolic】自転車が走る、民統線が開く
  • 子どもの事故死亡率、韓国はOECDで3位
  • 「赤ちゃんトキ」韓国で誕生(1)
  • 【写真】 5月の避暑
  • 関連記事
  • 警察「ウ・スンヨンの死因はうつ病による自殺」
  • 「一緒に自殺しよう」10代誘って性的暴行
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]