韓国旅行「コネスト」 出生率、1人以下に?。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 出生率、1人以下に?

出生率、1人以下に?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
昨年、韓国で生まれた子どもの数(出生率=普通出生率)が3年ぶりの減少に転じた。

出生率(女性1人が一生で産む子どもの数)は05年1.08人から2年連続増加し、07年1.25人まで上昇したが、昨年1.19人に減少した(統計庁)。

昨年生まれた子どもは46万6000人で、07年より2万7000人(5.5%)少なかった。初めて出生率が急減したのだ。07年より2万人(7.6%)減った。第2子は6000人(3.3%)、第3子以上は2000人(4.3%)減少にとどまった。

このため、新生児全体のうち、第1子が占める割合は52.3%と、1年前より1.2%減った。母親の高齢化も加速化している。昨年、母親の平均年齢は30.82歳で、前年より0.23歳高い。また、30−39歳の母親が産んだ子どもは6万人で、前年より2000人も増えた。

半面、残りの年齢層ではいずれも減少している。人口1000人当たりの新生児数を意味する「粗出生率(普通出生率)」は9.4人で、前年より0.6人少ない。統計庁のチョン・ベックン人口動向課長は「02年以降の“出産可能な年齢層の女性”が減る傾向が、昨年にも続いたことに加え、06、07年の出生率を押し上げた“双春年”(立春が1年に2回ある年。結婚に吉兆とされる)、“黄金のいのしし年”(同年に生まれた赤ん坊は財物に恵まれるとされる)の効果も消えるにつれ、昨年、出生率が下がった」という見方を示した。

政府が「セロマジ・プラン(セロマジ=「新たに迎える幸せな出産と老後」の略語)」など各種の出産奨励政策を展開しつづけたものの、その効果がそれほど大きくないという意味だ。今年がさらに問題だ。専門家は今年の出産率が1人以下に落ちるという見方を示している。08年に結婚したカップル数(33万カップル)が前年より1万6000組(4.6%)も減り、金融危機まで重なった。経済難のため、結婚と出産を先送りする人が増えているからだ。

韓国保健社会研究院の推定によると、経済成長率が5%の場合に出生率は1.38人、3%の場合は1.3人、1%の場合は0.85人となる。今年の経済成長率がマイナスに転じる可能性が高いことから、出生率1.0人を維持するのが容易でないということだ。

保健社会研究院のイ・サムシク研究委員は「98年の国際通貨危機当時に急落した出生率が10年間続いている」とし「繰り返される経済危機により、若年層で結婚をあきらめたり、子どもをあまり産まないという価値観が固着するのが懸念される」と話した。

少子化が社会、経済に及ぼす否定的な影響は大きい。国内の生産可能人口(15−64歳)は2016年をピークに減少する。30−40代の人口はすでに06年以降、減りはじめた。このようになれば高齢者を扶養する負担が大きく増える家庭はもちろん、政府の財政負担も急増する。05年には「生産可能人口7.9人」が高齢者1人を扶養したが、2020年には4.6人、2050年には1.4人が扶養しなければならなくなる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年02月26日 08:58
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 90周年迎える独立運動記念日、各地で多彩な行事
  • 【写真】「ママ、卒業おめでとう」
  • 辛子みそ、日本人観光客に大人気
  • ドイツ産の食品添加物からメラミン検出
  • CJエンタ、5年内に映画収益50%を海外で
  • 関連記事
  • 男児好む傾向薄れる…25年ぶりに出生比率正常に
  • 「出産率アップ」目指して至れり尽くせりの地方自治体
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]