韓国旅行「コネスト」 ソウルの象徴「ヘチタクシー」 5月から運行。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウルの象徴「ヘチタクシー」 5月から運行

ソウルの象徴「ヘチタクシー」 5月から運行

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウルの新タクシー「ヘチタクシー」が16日に公開された。

ロンドンの「ブラックキャブ」、ニューヨークの「イエローキャブ」など外国の名物タクシーをベンチマークしたもので、ソウル市は5月から毎年1万台ずつ「ヘチタクシー」のデザインに変えていく予定だ。

「ヘチタクシー」は、景福宮(キョンボックン)など主要宮廷に使われた花こう岩の色と伝統建築物の素材である黄土の色が主なカラー。 タクシーの左右のドアと表示灯にはソウル市の象徴である「ヘチ」がデザインされている。

当初ソウル市は黄土色を車全体に塗布する計画だったが、金融危機や経済不況によるタクシー業界の負担を勘案して黄土色の比率を減らした。 またソウル市は独自開発した書体「南山体」を利用し、ヘチタクシーの表示灯とボンネット部分に英語で「TAXI」と表記した。 表示灯の後面にはハングルで「タクシー」を表記している。

◇ヘチ=中国・漢の時代の文献『異物志』によると、「東北地方にいる獣」と紹介されている。頭に角が生え、首から鈴を下げ、体全体がうろこで覆われている伝説上の動物。“正義を守り、火災や災難を追い払う動物”と考えられてきた。新羅(シルラ)時代に官服の模様として施され、朝鮮時代には宮廷の所々にへチの彫刻像が建てられた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年02月17日 13:52
コネスト関連記事
  • タクシー
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】伝統礼節実践指導者を養成
  • 南山ケーブルカー乗り場までエレベーター、5月から
  • 南大門市場、65億ウォン投じ整備へ…ソウル市
  • 日本との通話が半額に、KTFが新ローミング料金制
  • 韓国人船員5人解放・全員健康、外交通商部が確認
  • 関連記事
  • 乗客に悪口、小銭投げたタクシー運転手の営業停止は正当
  • ソウルのタクシーに外国人が‘D’評価
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓が観光交流促進協議に署名予定
    G-DRAGONブランド、海外進出
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]