韓国旅行「コネスト」 北朝鮮の携帯電話、一般住民や地方にも拡大。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 北朝鮮の携帯電話、一般住民や地方にも拡大

北朝鮮の携帯電話、一般住民や地方にも拡大

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル20日聯合ニュース】北朝鮮が昨年末に平壌で開通した携帯電話の使用が一般住民や地方に拡大している。米自由アジア放送(RFA)が20日、北朝鮮を往来する中国人の話として報じた。
 それによると、開通初期は党と内閣の幹部に限り販売されていた携帯電話が現在は一般住民にも販売されており、加入費や端末機代を含め350ドルを支払えばサービスを利用できるという。北朝鮮当局は当初、幹部を対象に優待価格の200ドルで携帯電話を供給したが加入者が伸び悩み、こうした措置が取られたと説明した。

 またRFAは、咸鏡北道住民と連絡を取っている脱北者の話を引用し、北朝鮮当局が最近は軍部隊や地方にも携帯電話サービス拡大していると報じた。

 この脱北者によると、平安南道の平城市や南浦市など地方都市では昨年末までに通信装備が整っており、中央の指示があればすぐにでも移動通信サービスの開始が可能だと住民らは話している。携帯電話サービスの拡大を受け、北朝鮮当局は秘密流出防止措置を取っており、特に移動通信基地局には盗聴担当職員を配置しているという。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年01月19日 17:32
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 「韓国イメージアップ」図る国家ブランド委が発足
  • 「後継者問題、今年が重大な転機」北朝鮮専門家
  • 李大統領、旧正月連休を控え5500人に贈り物
  • 6カ国協議の韓国次席代表、15日に平壌訪問
  • 民主党議員8人、臨時国会会期中にタイでゴルフ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    目標は韓国のごま油の世界化
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    THAAD配備で中国が韓流締め出し
    三星ギャラクシーブランド価値首位
    平昌の空を舞う世界のドローン
    デモ集会交通規制でバスが橋げた衝突
    6回目の集会参加者、最多記録を更新
    免税店特許期間延長法案が廃案に
    大統領 弾劾案発議「国民裏切った」
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]