韓国旅行「コネスト」 夫婦間で強姦罪、初めての判決。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 夫婦間で強姦罪、初めての判決

夫婦間で強姦罪、初めての判決

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 夫婦間の性行為に対して初めて強姦容疑を認める判決が出た。 1970年に最高裁が夫婦間には強姦罪が成立しないという判決を下した後、ソウル高裁(77年)が事実婚関係での性行為を強姦と認め、ソウル中央地裁(04年)が妻に対する強制醜行を認めたが、法律上の夫婦関係に強姦罪を適用したのは今回が初めてとなる。

釜山(プサン)地裁は16日、フィリピン人の妻(25)を凶器で脅して強制的に性関係を持った容疑(特殊強姦)で起訴されたL(42、会社員)に対し、懲役2年6月、執行猶予3年を言い渡した。

釜山地裁は「故国と家族を離れ、ひたすら被告人だけ信じ、言葉も通じない厳しい境遇に置かれた被害者を愛と真心で見守るべきだが、苦痛を与え、不当な欲求を満たすために性的自己決定権の行使を無視し、凶器で脅した点は容認できない行動」と判示した。

また「刑法上強姦罪の対象である‘婦女’には‘婚姻中の婦女’が除かれると見るいかなる根拠もない。法が強姦罪で保護しようとする対象は女性の貞操ではなく、性的自己決定権であり、妻もこうした権利がある」と明らかにした。

釜山地裁は「ガス銃と刃物で被害者を脅して性関係を持った罪質からみて厳罰すべきだが、被告人が犯行を認めて反省しているうえ、被害者も意思疎通の努力を怠った点などを考慮し、刑の執行を猶予する」と付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年01月16日 18:31
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • ブロードバンド普及率、主要経済圏30カ国中6位
  • 明洞‘円高観光客’の背景には‘韓流伝道師’IKKOがいた
  • 世宗文化会館と周辺公演場、共同で観光客誘致展開
  • 【写真】美術館に変わったドンピラン村
  • 年賀はメールで、旧正月に携帯電話利用急増の見込み
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、増え続ける1人暮らし
    ロッテ創業者長女、一審で実刑判決
    韓国大統領選の有力候補支持率
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    スジ、初ソロのティーザー写真公開
    サムスントップ逮捕状請求棄却
    チュウォン、理想のタイプが話題に
    サムスンの半導体、アウディに搭載
    歌手イ・ジフン、米国系韓国人と熱愛
    キム・テヒとRAIN、きょう結婚式
    週間アクセスランキング
    20日(金)より高級空港バス値下げ
    17.01.19
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]