韓国旅行「コネスト」 政府が節酒運動に乗り出した理由。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 政府が節酒運動に乗り出した理由

政府が節酒運動に乗り出した理由

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
故チェ・ジンシルと故アン・ジェファン。今年の韓国社会に大きな衝撃を与えた2人の芸能人の自殺事件には‘共通分母’があった。 酒だ。 2人とも酒に酔った状態で生涯を終えた。 身体的に健康に見える人でも、極度のストレス状況に追い込まれた場合、酒によって一瞬のうちに最悪の道に導かれることがある。

それだけではない。 韓国社会で1年間に酒のために使われる金は、新都市一つを建設できるほどの規模だ。 乱酒による生産性の低下、早期死亡、酒類消費支出、医療費支出などを考えると、04年基準で国内総生産(GDP)の2.9%にあたる20兆990億ウォンにもなる。 アルコールは個人と家庭の破壊を招くだけでなく、社会を脅かす水準に達している。

このため政府は06年からアルコール総合対策「青い鳥プラン2010」を作り、市民団体と専門家、関連機関とともに段階的に飲酒による弊害を減らす努力をしている。 「節酒UCC応募展」を開いたり、保健所や大学街に‘節酒学校’を設置したり、予防教育を行ったりすることも「青い鳥プラン」の主要活動の一つだ。 高リスク飲酒者のためのアルコール相談センターとアルコール中毒者の社会復帰施設も少しずつ増やしている。

政府のこうした努力も重要だが、最も必要なのは飲酒文化の改善だ。 カトリック大病院神経精神科のキム・デジン教授は「全般的に酒に寛大な韓国文化のため、本人や周囲の人、さらに一般の医師でさえもアルコール中毒‘患者’を判別できないケースが多い」と話した。

キム教授は「このため肝臓や胃・腸など身体に深刻な異常を起こして病院を訪れたアルコール中毒者も、内科で該当症状だけを治療して終わることがある」と指摘した。 キム教授は「アルコール依存症が激しい場合、完全に酒をやめなければならないが、『1−2杯なら大丈夫』という一部の医師の言葉を聞いて問題が再発することもある」と付け加えた。

無条件に断酒をしなければならないケースは▽何度か節酒を試みたが失敗した▽高血圧・肝疾患がある▽妊娠中▽アルコールに副作用を起こす薬を服用▽アルコール依存症患者−−など。 アルコール中毒(アルコール使用障害)はその程度によって乱用と依存の段階に分けられるが、いったんアルコール依存段階に入ってしまえば、糖尿病や高血圧のように現代医学では‘完治’が不可能だ。 その代わり治療を通して正常な社会生活はできる。

九老(クロ)アルコール相談センターのキム・ヨンジン・センター長は「アルコール中毒は単に悪い飲酒習慣から始まるのではなく、本人の意志だけで治せない一種の‘脳疾患’であることを患者本人はもちろん、周囲の人が分からなければならない」とし「自ら飲酒習慣に問題を感じれば、まずは近所のアルコール相談センターやアルコールクリニックに行ってどれほど深刻なのか正確な診断を受けるのがよい」と助言した。

現在、福祉部指定アルコール相談センターは全国に34カ所あり、センター内の相談やリハビリプログラムはすべて無料で行われている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年12月30日 16:55
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • T-money全国で使用可能になる見込み
  • 韓国観光公社、観光収入100億ドル達成目指す
  • 1億ウォン以上の高給取り、昨年9万人超える
  • ソウル・普信閣で除夜の鐘、鍾路や大学路で公演も
  • 会社員「今年1年、最も有難く感じた人は家族」
  • 関連記事
  • <サッカー>禁酒禁煙できなければ代表落ち!
  • 飲酒に寛大な韓国だが…9割が「公共場所で禁酒を」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    目標は韓国のごま油の世界化
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    THAAD配備で中国が韓流締め出し
    三星ギャラクシーブランド価値首位
    平昌の空を舞う世界のドローン
    デモ集会交通規制でバスが橋げた衝突
    6回目の集会参加者、最多記録を更新
    免税店特許期間延長法案が廃案に
    大統領 弾劾案発議「国民裏切った」
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]