韓国旅行「コネスト」 クォン・サンウ、映画出演キャンセル…ルー・ゲーリック病患者役が負担?。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > クォン・サンウ、映画出演キャンセル…ルー・ゲーリック病患者役が負担?

クォン・サンウ、映画出演キャンセル…ルー・ゲーリック病患者役が負担?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

クォン・サンウがパク・ジンピョ監督の新作「私の愛、私のそばに」の出演を一方的にキャンセルし、少なくない波紋が予想される。クォン・サンウの立場では「考えた末の決定」だろうが、映画会社の立場では「青天の霹靂のような急報」だった。

制作会社は27日午前、報道資料を通し、「クォン・サンウさんが突然、映画出演をキャンセルした」とし「助演級キャスティングを終え、来月から撮影に入る準備を終えた状態なので、相当な制作損失が発生する見込みだ。パク・ジンピョ監督とスタッフの被害も避けられない状況」と明らかにした。

イ・ユジン代表は「俳優のプライバシーのために詳しいことは公開できないが、少なくとも韓流スターという人がこのように約束を破ってもいいのか尋ねたい」とし「パク・ジンピョ監督も、一言の相談もなく出演取りやめを通知した俳優のために少なくない衝撃を受けている」と付け加えた。

クォン・サンウは先週末、日本で開かれたファンミーティングで近況を紹介し、「韓国で映画の代わりにドラマに出演することになった」と話していた。半月ほどクォン・サンウと連絡が取れなかった映画会社は、海外メディアを通して出演の翻意を確認したということだ。

映画界では出演翻意の内幕について、クォン・サンウと映画会社が日本での版権をめぐり対立した、と推測している。しかし確認の結果、映画会社はクォン・サンウの要求に振り回されたと伝えられた。

「私の愛、私のそばに」のある制作スタッフは「シナリオを見たクォン・サンウさんが、パク・ジンピョ監督に出演の意思を先に明らかにし、映画会社にノーギャラで出演するという発言もしていた」と話した。

ドラマと映画が相次いで座礁した状況で、スター監督である‘パク・ジンピョ号’に乗船しようとしたのだ。

相手俳優ハ・ジウォンともジーンズCMや映画「幼い新婦」で親しい関係だったため、「私の愛、私のそばに」は巡航するかに思われた。しかし映画会社がキャスティング確定報道資料を発送した後、クォン・サンウは「私のために日本で公開することになったため、ノーギャラという条件で日本版権を持ちたい」という意向を示し、映画会社は会議の末、クォン・サンウの条件を受け入れることにした。

クォン・サンウ側は映画出演を取りやめたことについて、「投資が円滑でなくてしかたがなかった」と主張している。しかし映画会社は「自社が保有する連合投資会社ユナイテッドピクチャーズがあったし、私たちと同じ意向のメイン配給会社を物色中だった。投資には何の問題もなかった」と反論した。

一部からは「繊細な演技が必要なルー・ゲーリック病患者役ではなく、やさしい道を選択したのでは」という声も出ている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年10月27日 13:46
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • <スペシャルリポート>サンウ、スンホンら「モムチャンの秘訣は?」
  • [芸能]視聴者の好むCMモデル、トップはユ・ジェソク
  • 韓国ビーボーイ、ニューヨーク公演大盛況
  • ヒョリ、デビュー10年目にして初の単独公演へ
  • ソン・へギョ4年ぶりにドラマ出演へ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    姜正浩選手飲酒運転・逃走容疑で立件
    韓国映画産業、経済効果は6兆ウォン
    無人車のための「頭脳」、開発に成功
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    イ・ビョンホンが主演俳優賞
    16.11.26
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]