韓国旅行「コネスト」 ソウルの景観損なう建物の建設認めない(1)。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウルの景観損なう建物の建設認めない(1)

ソウルの景観損なう建物の建設認めない(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来年からソウルで、周りの景色と調和しない建物を建設するのが難しくなる。

また夜間の照明と広告の色、明るさもガイドラインをもとに規制される予定だ。

ソウル市は16日、こうした内容を盛り込んだ「基本景観及び夜間景観計画」を作り、来年から施行すると発表した。

基本景観計画によると、必ず保全が必要とされる景観要素がある区域は「基本管理区域」に指定され、うち主要地域は「重点管理区域」に定められる。基本管理区域は▽都心の4大門の内側▽内四山(ソウルを構成する4つの山。北岳、仁王、南山、駱山)の周辺▽漢江(ハンガン)沿いの付近−−などに指定される予定だ。

同地域では今後建物を建てる場合、視野を混乱させる透明な素材、反射または発光性の素材などを使いにくくなる。重点管理区域には▽世宗路(セジョンノ)、明洞(ミョンドン)、南大門(ナムデムン)市場▽北漢山(プッカンサン)、冠岳山(クァンアクサン)など自然緑地エリア▽清渓川(チョンゲチョン)▽景福宮(キョンボックン)、北村(ブクチョン)付近−−などが含まれるものとみられる。

同区域で建物を建てる際には、周辺の地形と調和できるよう、建物の高さと配置などが規制される。これまで市は地区単位の計画を立てる場合や16階以上のビルに対してのみ周辺景観を考慮するよう勧めていたが、市全体を対象に景観に配慮した誘導指針を作ったのは今回が初めてだ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月17日 12:18
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 高脂血症患者が5年で2倍増、食生活変化などで
  • 【写真】ミュージカルを楽しむ昼休み
  • KBS赤字、279億ウォン…MBC、SBSは黒字
  • 外国人向け韓国文化講座、梨花女子大で22日から
  • 【写真】秋夕連休が終わり
  • 関連記事
    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国最古の金製工芸品
    韓国男子フィギュアに期待の新星
    職務停止の朴大統領 官邸で休息
    7週目の集会はお祭りのよう
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    新高速鉄道の運行開始
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]