韓国旅行「コネスト」 李大統領「国民のため息を聞いている」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 李大統領「国民のため息を聞いている」

李大統領「国民のため息を聞いている」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
9日夜に全国に100分間生中継された「大統領との対話−質問があります」は、李明博(イ・ミョンバク)大統領が就任後に初めて国民と対話する舞台だった。

焦点はやはり経済問題だった。 李大統領は与えられた100分間で経済回復ビジョンを説明し、自らの見解を明らかにする場として活用しようとした。 李大統領は就任後6カ月間の試行錯誤を認めながら話し始めた。

冒頭発言で李大統領は「『経済を回復させてほしいと思って大統領に選んでやったのに、一体いつ良くなるのか』という声を聞いている。国民の心情はよく分かっている」と述べた。

経済危機説については「過去の通貨危機のように経済が破たんすることは決してない」と強調した。 また「経済を回復させるという約束を一日も忘れたことはない。 必ず約束を守る」と主張した。

「青瓦台(チョンワデ、大統領府)ではどこで生産された牛肉を食べているのか」という質問には、8月のブッシュ米大統領の訪問に触れ、「ブッシュ大統領に韓牛と米国産牛肉をともに出したが、韓牛をよく食べていた。 それで私は申し訳なく思い、米国産をたくさん食べた」と説明した。

最後の発言では、先進一流国になるための国民的な統合を強調した。 李大統領は「私のこの手はずっと仕事をしてきた手だ。 国民のために働こうと思って大統領になった。もう一度私を信じて力を合わせてほしい」と呼びかけた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月10日 17:38
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 「金総書記、8月15日ごろ脳卒中で倒れて手術」
  • 女性スパイ元正花被告、初公判で公訴事実認める
  • 脱北スパイの元正花容疑者「北朝鮮に生まれたのが罪」
  • <北朝鮮政権樹立60周年>66歳の金正日総書記の後継者は?(1)
  • 李大統領、9日“国民との対話”でテレビ出演
  • 関連記事
  • 李大統領「まずはスポーツが世界7位を達成」
  • 李大統領「嫌韓問題は賢く解決すべき」
  •  

    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国、65歳以上が15歳未満を逆転
    サムスン首脳が逮捕状審査に出席
    少女時代ソヒョン、宝石より美しい瞳
    歌手BoA、俳優チュウォンと熱愛
    イ・ミンホのファンミ 6千席即完売
    新ドラマ「師任堂」、働く女性の物語
    平昌五輪インスタにキム・ヨナ登場
    韓国ユニバーサルスタジオ、結局失敗
    ポン菓子見た外国人観光客「面白い」
    時速1000キロ「夢の列車」開発へ
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]