韓国旅行「コネスト」 李大統領「国民のため息を聞いている」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 李大統領「国民のため息を聞いている」

李大統領「国民のため息を聞いている」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
9日夜に全国に100分間生中継された「大統領との対話−質問があります」は、李明博(イ・ミョンバク)大統領が就任後に初めて国民と対話する舞台だった。

焦点はやはり経済問題だった。 李大統領は与えられた100分間で経済回復ビジョンを説明し、自らの見解を明らかにする場として活用しようとした。 李大統領は就任後6カ月間の試行錯誤を認めながら話し始めた。

冒頭発言で李大統領は「『経済を回復させてほしいと思って大統領に選んでやったのに、一体いつ良くなるのか』という声を聞いている。国民の心情はよく分かっている」と述べた。

経済危機説については「過去の通貨危機のように経済が破たんすることは決してない」と強調した。 また「経済を回復させるという約束を一日も忘れたことはない。 必ず約束を守る」と主張した。

「青瓦台(チョンワデ、大統領府)ではどこで生産された牛肉を食べているのか」という質問には、8月のブッシュ米大統領の訪問に触れ、「ブッシュ大統領に韓牛と米国産牛肉をともに出したが、韓牛をよく食べていた。 それで私は申し訳なく思い、米国産をたくさん食べた」と説明した。

最後の発言では、先進一流国になるための国民的な統合を強調した。 李大統領は「私のこの手はずっと仕事をしてきた手だ。 国民のために働こうと思って大統領になった。もう一度私を信じて力を合わせてほしい」と呼びかけた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年09月10日 17:38
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • 「金総書記、8月15日ごろ脳卒中で倒れて手術」
  • 女性スパイ元正花被告、初公判で公訴事実認める
  • 脱北スパイの元正花容疑者「北朝鮮に生まれたのが罪」
  • <北朝鮮政権樹立60周年>66歳の金正日総書記の後継者は?(1)
  • 李大統領、9日“国民との対話”でテレビ出演
  • 関連記事
  • 李大統領「まずはスポーツが世界7位を達成」
  • 李大統領「嫌韓問題は賢く解決すべき」
  •  

    コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    Double S 301がカムバ
    朴泰桓 アジアの壁をまた越えた
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓が観光交流促進協議に署名予定
    日韓政府、観光交流促進協議署名へ
    G-DRAGONブランド、海外進出
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    韓国人が最も好きな広告モデルは?
    EXO中国公演、暫定延期へ
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]