韓国旅行「コネスト」 ソウル市庁舎、撤去中に「史跡に仮指定」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウル市庁舎、撤去中に「史跡に仮指定」

ソウル市庁舎、撤去中に「史跡に仮指定」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
82年にわたる歴史を持つソウル市庁本館ビルを原形のまま保存するのか(文化財庁)、ビル一部を解体した後で復元するのか(ソウル市)、という問題をめぐり、対立が深まっている。

ソウル市は26日午前、重装備を動員してビルの裏側にある太平(テピョン)ホールを撤去する工事に着手した。太平ホールは安全診断の結果、D級の判定を受け、安全に問題があることから、解体後に建物の中央ホールの3、4階に復元する、という計画だった。

これを受けて文化財庁は同午後、緊急文化財委員会(近代文化遺産分科と史跡分科)を開き、近代登録文化財(52号)の市庁本館を「国家指定文化財の史跡」に仮指定した。正式な手続きを踏んで史跡に指定する前に、臨時に取った措置だ。

これによりソウル市は即刻工事を中断しており、今後、文化財庁長の承認なしではソウル市が独自に判断して市庁本館を撤去できなくなった。

ハン・ヨンウ文化財史跡分科委員長は「現在、撤去が進行中の緊急状況である点を考慮し、即刻の工事中止命令とともに撤去、破壊された文化財の早期復元措置を議決した」と話した。

これに対しキム・ヒョスソウル市住宅局長は「文化財委員会がソウル市の立場を全く反映せず一方的な決定を下し、非常に遺憾に思う」とし「史跡仮指定の決定は受け入れられない。法的対応を含むあらゆる方策を講じ、厳しく対応する」という立場を明らかにした。

ソウル市庁本館は日本による植民支配時代(1392~1910年)の1926年、京城府庁舎として建設以来、ソウルを象徴するランドマークとなっていた。ルネサンス様式で作られた鉄筋コンクリート造りの地上4階ビルで、20~30年代の建築様式と技術力を表すものとして評価されている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年08月27日 10:37
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】秋夕の前は忙しい
  • KBSの李炳淳社長が就任式、大々的な改革を予告
  • これから何を楽しみに…‘五輪禁断症状’
  • 白南準アートセンター、竜仁に10月9日オープン
  • オーストリア大使夫人「大長今の食卓がこんなところに」
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    Jリーグが韓国ゴールキーパーに注目
    Double S 301新曲発表へ
    トラクターで国会へ 警察が阻止
    新高速鉄道の運行開始
    韓国鉄道史上最長74日間のスト終結
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    不況理由の離職人数、今年166万人
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]