韓国旅行「コネスト」 胎児の性別判定禁じる医療法は憲法不合致、改正へ。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 胎児の性別判定禁じる医療法は憲法不合致、改正へ

胎児の性別判定禁じる医療法は憲法不合致、改正へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル31日聯合】胎児の性別の判定と告知を禁じる医療法条項は憲法不合致だとする決定が下された。来年末までにこの条項が改正される。
 憲法裁判所は31日、産婦人科医師らが「胎児の性別判定と告知を無条件に禁じた条項は時代の変化に合っていない上、医療関係者の職業活動の自由や妊婦の知る権利などを侵害している」として提起した憲法訴願で、憲法不合致の決定を下した。

 現行の医療法第20条第2項は、医療関係者が胎児の性別判定を目的に妊婦を診察したり、診察中に分かった胎児の性別を妊婦やその家族に知らせることを禁じている。これを2009年12月31日までに改正するとした。改正までは暫定適用する。

 裁判部は、胎児の性別告示は性別を理由とした中絶を防止することで性比の不均衡を解消し、胎児の生命権を保護するという面からも立法目的に正統性は認められるとしながらも、中絶が不可能な妊娠後期まで全面的に禁止することは、医療関係者と胎児の両親の基本権を著しく制限すると説明した。妊娠期間を40週とした場合、28週を過ぎれば胎児の性別告示を例外的に認めても、性別を理由とした中絶が行われる可能性はほとんどないと判断。また、この医療法条項が立法された当時に比べ男児を好む傾向は顕著に緩和され、男女比も自然に近くなってきており、全妊娠期間に性別告示を禁止するのは過度な対処だと説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年07月31日 18:43
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】魚つかみ大会
  • 宗廟から昌慶宮に続く緑地、80年ぶりに復元
  • 朝鮮通信使の行列再現行事、8月3日に対馬で
  • 【芸能界ホットスポット】梨泰院市場、女優たちの行きつけの店
  • 7月、大邱は蒸し風呂…熱帯夜19日
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国最古の金製工芸品
    韓国男子フィギュアに期待の新星
    職務停止の朴大統領 官邸で休息
    7週目の集会はお祭りのよう
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    新高速鉄道の運行開始
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]