韓国旅行「コネスト」 トヨタもEV市場に参入 現代車は新ブランドSUVで勝負。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > トヨタもEV市場に参入 現代車は新ブランドSUVで勝負

トヨタもEV市場に参入 現代車は新ブランドSUVで勝負

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
トヨタ自動車が電気自動車(EV)市場に参入する。ハイブリッド車(HV)・水素車(FCV)の開発に注力してEVにあまり力を入れてこなかったトヨタがエコカー戦略の修正に入ったと分析される。現代・起亜車もEV開発を強化していて、国内外メーカー間の競争が一層激化する見通しだ。

日本経済新聞は、トヨタがEV市場への参入を検討していると7日(現地時間)、報じた。具体的には1回の充電で300キロ以上走行可能なEVを2020年までに量産する計画だ。このため、来年上半期中にEVの企画・開発担当組織を新設する。EV性能を左右するバッテリーはことし1月に発足した社内バッテリー研究部署で開発して外部バッテリーメーカーと協力する方向でも検討している。

トヨタは1997年に発売した「プリウス」を前面に出し、HV分野で圧倒的な強さを見せてきた。新車を発表するたびに「エコカーの代表車種はHV。EVはバッテリー費用が高く、走行距離が短い」とEVを冷遇してきた。ライバル社のフォルクスワーゲンやGM、ルノー日産、現代・起亜車はもちろんテスラがEV開発に参入している時もHVにこだわっていた。敷いて言うなら、1人用超小型3輪EV「i-ROAD(アイロード)」を試験運行するくらいだった。日産が「リーフ(LEAF)」でグローバルEV販売1位に入ったこととは対照的だ。

だが、世界各国が環境規制を強化してEV普及策を相次いで打ち出したことで状況が変わった。バッテリー技術の発達で走行距離が伸び、充電インフラも拡充しつつある。特に、中国が破格的な補助金を提示してEV市場を大きくしている。自動車メーカーもEVへの投資に積極的だ。フォルクスワーゲンは現在1%のEV販売比重を2025年に25%まで引き上げる計画だ。

その上、EVはただ販売するだけのものからメーカーの技術力を判断する“試験台”として捉えるようになった。テスラの「モデルS(P100D)」は1回の満充電で507キロまで走行可能だ。停止状態から時速96キロまで到達するためにかかる時間は2.5秒。日本経済新聞は、トヨタもEVの普及を見守ってばかりいられないと判断したと伝えている。

一方、韓国車は世界エコカー市場における存在感が薄い。韓国自動車産業協会によると、昨年、世界市場で売れたエコカー〔EV、HV、プラグインハイブリッド車(PHV)、FCV〕は233万9858台だった。そのうちトヨタは120万4500台(市場占有率52%)で1位を占めた。半面、現代・起亜車は7万3592台(3%)にとどまった。

現代車はことし1月、「IONIQ hybrid(アイオニック・ハイブリッド)」、6月にEV「IONIQ electric(アイオニック・エレクトリック)」を相次いで発売した。だが、月平均販売量が800台余りに終わるなど不振にあえいでいる。幸いにも、ことし4月に発売した起亜車HV「Niro(ニロ)」が月平均2000台以上売れてエコカー分野で善戦している。ニロはアイオニックよりも3カ月遅れて発売されたが先月までの累積販売量は1万5465台に達する。アイオニック(8056台)の約2倍だ。

アイオニックが不振の沼に落ちたことを受け、現代車は出口戦略に頭を悩ませている。現代車は2018年に1回充電時の走行距離が320キロ以上のスポーツ用多目的車(SUV)を発売する計画だ。だが、このSUVにはアイオニックではなく新しい名称を付けることにしている。エコカー製品群全体に「アイオニック」という名称を付ける既存の戦略を見直した。現代車関係者は「車級やデザインはもちろん、性能まで既存のアイオニックとは全く異なるエコカーを発売することから、アイオニックではなく別の名前を付けることにした」と説明した。

現代車は来年中にアイオニックPHVを発売する。起亜車はニロEVとニロPHVをそれぞれ市場に出す。現代・起亜車は2020年までにエコカー28種を発売する計画だ。

韓国GMは米国GM本社で開発したEVラインナップを次々に韓国に投入する計画だ。現在まで、韓国で唯一のEVモデルだった「SPARK(スパーク)EV」に続き、来年上半期にリリースする戦略車種は「VOLT(ボルト)」だ。1回の満充電での走行距離は383キロに達する。「SM3 ZE」を中心にEV市場を攻略してきたルノーサムスン自動車は来年上半期中に2人乗りの都市型小型EV「TWIZY(トゥイジー)」を韓国で発売する。トゥイジーは1回の満充電で100キロまで走れる。最高時速は80キロだ。双龍(サンヨン)自動車は現在の時点でエコカーの発売計画はない。小型SUV「Tivoli(ティボリ)」が善戦しているので軽油車を中心に現在の販売戦略を継続していく計画だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年11月08日 16:39
コネスト関連記事
  • 【うちの社食を紹介します】現代カード・現代キャピタル
  • 韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • 現代自動車、中国に海外初のビッグデータセンター
  • 「コリアセールフェスタ、GDP0.13%上昇効果」
  • 韓国主要輸出企業「7-9月期は業況悪化…来期も厳しい」
  • 【写真】サケの養殖に成功 アジア初
  • ソウル・江南のマンション 平均価格が過去最高に=韓国
  • 関連記事
  • 現代自動車のHEV「アイオニック」試乗記、「プリウス」と比較すると…
  • リッター22.4キロ…プリウスをしのぐ現代IONIQ
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    TWICE、EXOがチャート首位
    韓国、数学・科学で日本におされる
    韓国ろうそく集会に参加した人々とは
    大統領の動静「知らない」元秘書室長
    サムスン次期スマホ来年2月公開予定
    美しい雪景色を演出、江原道太白山
    韓国国民、大統領刑事処罰受けるべき
    2PMジュノ、日本武道館公演大盛況
    世界短水路選手権 韓国選手で初の金
    サムスン、特許最終審アップルに勝利
    週間アクセスランキング
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]