韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>ドラマで共演中のチ・ジニ、ソン・イェジン。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > <インタビュー>ドラマで共演中のチ・ジニ、ソン・イェジン

<インタビュー>ドラマで共演中のチ・ジニ、ソン・イェジン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「おとといは1時間、昨日は車で30分寝ただけ。午前6時にメイクをしたら翌日午後5時には浮いてきてしまう。見習い記者たちは何日間も頭も洗えないそうですが、俳優も撮影に入ると2日くらいはそういうことがあるんですよ」――。

女優ソン・イェジンは、この3日間ほとんど寝ずに撮影しているのだと訴えた。彼女が今、ドラマで演じているのは、事件現場を走り回り外見に気を使うこともできないテレビ局社会部の記者。ドラマと現実がほぼ同じという状況だ。一方、その隣に腰掛けている俳優チ・ジニは、劇中で見せる冷静な社会部キャップの姿とは距離がある。終始笑顔を絶やさず、会話のところどころにユーモアを織り交ぜる。

報道記者の世界を描くMBCドラマ「スポットライト」の記者懇談会が27日に行われた。2人は、「記者の仕事は徹底した職業意識がなければできない。記者は本当に辛い職業だと感じている」と語った。ソン・イェジンは、社会部記者・アンカーとして成長していくソ・ウジンを、チ・ジニは真実の報道を目指すキャップで、ウジンを真の記者に育てていくオ・テソクを演じる。

ソン・イェジンは、キャップに叱咤されながらも成長していく新米記者を新人俳優と比較する。「新人時代、自分なりに一生懸命やろうとしているのに『演技に対する意欲がない』と指摘されたことがありました。自分はそうは思っていないのに、とても傷つきました。ウジンも同じです。努力しているのに結果が悪かったり、2人は似ている部分があるみたいです」。

チ・ジニ演じる厳しいキャップは、軍隊を思わせるという指摘もある。それに対しチ・ジニ本人は、「やみくもに後輩をしかろうというのではなく、記者精神に基づいて教えているだけ。感情ではなく、キャップという立場から方向を示してあげているんです」と説明した。

ドラマ放送後、チ・ジニは知り合いの記者からショートメールが送られてきたと紹介した。楽しく見ているといいながらも、用語の間違いなどを指摘されたと笑った。ソン・イェジンも周囲から、ニュースレポートをする際は声をもう少し高く出すようにとアドバイスを受けたという。

「スポットライト」は14日にスタートしたが、他局人気ドラマの最終回と時期が重なり、初回視聴率は1けたに終わった。先週は10%を超えたものの、いまだ他局ドラマに押され気味だ。ソン・イェジンは、「視聴率は本当に思い通りにいかない、運によるものだと思います。初心にかえってしっかりやりたい」と語るが、家族たちはこのドラマは難しいと話すのだと明かした。記者の世界がリアルに扱われているため、お茶の間の視聴者には気楽に楽しめるものではないのかもしれないと言いながらも、「もう少しじっくり見てもらえたら、どんどん真価を感じてもらえると思います」とアピールした。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2008年05月28日 10:28
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • 「B−BOYに恋したバレリーナ」がNYで長期公演
  • ウォンビン&イ・ハナ、キム・ドンリュル公演を一緒に観覧
  • 【写真】チ・ジニ、かっこいいポーズ?
  • 【写真】ソン・イェジン「チ・ジニ先輩は怖い」
  • スーパージュニアM、中国でアジアトップ新人歌手賞受賞
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    姜正浩選手飲酒運転・逃走容疑で立件
    韓国映画産業、経済効果は6兆ウォン
    無人車のための「頭脳」、開発に成功
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    イ・ビョンホンが主演俳優賞
    16.11.26
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]