韓国旅行「コネスト」 肩こり用貼り薬から洗眼薬まで日本製普及=韓国。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 肩こり用貼り薬から洗眼薬まで日本製普及=韓国

肩こり用貼り薬から洗眼薬まで日本製普及=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国で゙日本の一般用医薬品の普及が進んでいる。

韓国の東和薬品は2012年、ゼリア新薬工業(東京都中央区)から輸入した貼り薬「おきゅ膏Z」を「ミニオンプラスター」として発売した。毎年売上高を伸ばしており、昨年は前年比1.5倍増の26億ウォン(約2億5000万円)を記録した。この製品は肩こりや腰痛の緩和に役立つとして、日本に出掛ける韓国人旅行客の間で人気を集めていた。

韓国メーカーによる同じような製品も登場。柳韓洋行と鍾根堂がそれぞれ昨年、韓国で生産販売を始めた。

興和(愛知県名古屋市)の胃腸薬「キャベジン」の売れ行きも好調だ。2013年設立の韓国法人が翌年に輸入販売を開始し、昨年は40億ウォンの売上高を計上した。

これまで韓国にはなかった洗眼薬もお目見えした。東亜製薬がこのほど、小林製薬(大阪市中央区)の洗眼薬「アイボン」の輸入販売を開始した。同社関係者は日本旅行で必ず買うべき製品として口コミで評判が広がったとしながら、期待を寄せる。若者をターゲットに売り込む計画だ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年03月20日 15:10
コネスト関連記事
  • 韓国の薬
  • 病院・薬局で使う韓国語
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 春の休日を楽しむ市民=韓国・ソウル
  • スタートアップキャンパスとして生まれ変わる韓国・板橋
  • 来韓日本人観光客 前年同月比で3年半ぶり増加
  • 韓国の人気かき氷カフェ 5月東京に日本1号店オープン
  • 【写真】蚕室ロッテワールドタワー、韓国最高の555メートル到達
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    イ・ビョンホン、映画イベントに参加
    大統領、退陣時期を近く決断か
    日米韓6カ国協議代表13日ソウルで
    朴正熙生家放火犯、常習的遺跡テロ
    俳優キム・ボソン日本人格闘家と激突
    朴大統領の支持率やや上昇二桁に
    目標は韓国のごま油の世界化
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    <ゴルフ>韓国女子が「名古屋大勝」
    世界的に広がる孤立主義-日中韓は?
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]