韓国旅行「コネスト」 ソウルでコンビニ急成長の勢い…なぜ?。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > ソウルでコンビニ急成長の勢い…なぜ?

ソウルでコンビニ急成長の勢い…なぜ?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
都会人にとってコンビニエンスストア(コンビニ)は「小さな待合室」だ。いつも立ち寄っては「生活」を買って「匿名」を消費する。街中のあちこちに陣取ったそこは、日常からしばらく抜け出して一息つける空間でもある。

◆ソウルの17自営業のカード売上29億件分析…コンビニだけ常勝疾走

ソウルの生活密着型の17自営業種のうち唯一コンビニだけが成長していると調査された。

1日、ソウル市「私たちの街の店の商圏分析サービス」で集計されたカード売り上げの資料29億9000万件を中央日報が分析したところ、昨年の業種別売り上げと、1店舗あたりの売り上げ、カード1件の決済額平均(客単価)が前年よりも全て増えた業種はコンビニだけだった。

コンビニの1店舗あたりの売り上げは2014年の3億7695万余ウォンから昨年(9月までのデータで推定)は4億8309万ウォンに上った。客単価も4826ウォンから5271ウォンに上がった。コンビニ以外に韓国料理・日本料理・チキン店など9業種は売り上げが増えたが客単価は減少した。

洋食・文具・化粧品の業種は売り上げと客単価がいずれも下落した。イ・サンイ ソウル市ビッグデータ戦略チーム長は「コンビニは業種自体が成長している上に1回あたりのカード決済額も増加しており今後の成長の可能性が高い」と話した。

中央日報はコンビニ成長の社会的要因を把握するために先月27日午後6時から24時間、ソウル鍾路区(チョンノグ)のCU明倫(ミョンニュン)成大(ソンデ)店で販売員を体験させてもらった。

◆コンドーム買う時に表情見ず匿名性保障

#28日午前7時。コンビニのガラスドアを開けて入ってくる20代女性は見回すことさえなかった。温蔵庫からすぐにショウガ茶を取り出してレジに載せた。

ショウガ茶のバーコードをリーダーで読み取り「1600ウォンです」と言うと無言でクレジットカード1枚を差し出した。カードを読み取ってサインが終わった後「領収書を差し上げますか?」と尋ねた。カードを受けとった女性は頭を横に振ったまま出て行った。

コンビニは匿名性が支配する空間だ。コンビニでは価格を伝えて支払う機械的な行為だけが行われる。顧客と店員の間に対話はほとんどない。

大学生のキムさん(22、女性)は「生理用ナプキンやコンドームなどきまり悪い商品も、表情を見る必要がなく気楽に買えるのがコンビニの長所」と話した。

ソウル大学のチョン・サンイン社会学科教授は「数多くの人との相互作用に耐えなければならない都会人は、重要ではない事実は無視するという『大都市的な無関心』を望んでいる」として「コンビニはこのような匿名性に対する欲求をしっかり把握して現実にしたもの」と説明した。

◆スーパー・飲食店・カフェ・事務所になる空間

#27日午後10時。コンビニの出入り口前に配達車両が姿を見せた。各種の炭酸飲料や乳製品、菓子、弁当などが入ったボックス12個が入ってくるとすぐにコンビニの中は新しい商品で埋まった。

ここには計約500種3000個余りの商品が陳列される。特に食料品から生活用品まで大容量ではない適当なサイズで包装されており、単身世帯を引き込むのに適合する。

ワンルームで1人暮らしをしている会社員パク・テギョンさん〔30、長安洞(チャンアンドン)〕は「コンビニ・アダルト」と呼ぶに値する。朝から夜までコンビニを利用しているからだ。午前6時50分に出勤途中でコンビニに立ち寄り水1本とたばこ1箱を買う。昼にはガム・チョコレートのようなおやつと飲み物を買う。

午後8時頃に家に戻る頃には天ぷらのような即席食品と半調理食品をビールと一緒に買う。キムさんは「料理をしてもコンビニの材料は1人分に合うよう包装されていて良い」と話した。

最近コンビニが急成長したのはパクさんのようなシングル族の増加傾向が絡み合っているという分析が出てくる。全世帯のうち単身世帯の割合は2000年15.5%から昨年は27.1%へと垂直上昇した。全国のコンビニ数もやはり2010年の1万6937店から2014年は2万6020店に急増した。

チョン・サンイン教授は「近いところにマートほどに多様な物を備えたコンビニは例えば単身世帯の『冷蔵庫』の役割をする」と説明した。

#28日午後2~6時。4人用のテーブル5つを埋めて弁当を食べていた人波が退散すると、厚い教科書を手にした女子大生が登場して本にラインを引きながら1時間勉強して席をはずした。

その後、高校生たちが入ってきてくん製卵とソーセージを食べておしゃべりをしていた。24時間営業のコンビニに勤めている間に、物を買う代わりに宅配発送や公共料金の納付、現金引き出しなどのサービスを利用した客は数十人に達した。

◆高齢化の日本では相談窓口も運営

コンビニは単純にモノの購入をこえて多様な領域にサービスを拡張している。ユーザーが商品だけでなく、そこに付随した空間を買う概念で利用する。弁当を買って食べる人にとっては食堂、ラーメンを買って食べる人にはファストフード店、宅配を送る人にとっては事務所になる。

ノ・ミョンウ亜洲(アジュ)大学社会学科教授は「安い費用でユーザーが自分の望む目的によって空間の用途を構築できる」と説明した。

コンビニ文化が先行した日本は、提供サービスが一層多彩だ。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)によれば2014年末で日本のコンビニの数は5万3544店だ。コンビニ1店あたりで2368人が利用する。同年の韓国のコンビニ1店舗あたりの人口数(1973人)よりも多い。サービスも細心だ。高齢層の単身世帯のためのサービスが引き立って見える。

日本のファミリーマートは地方自治体と連係して高齢者のための弁当配達サービスを施行中で、ローソンは店舗内に高齢者相談窓口を設置して運営中だ。

国内のコンビニも新しいサービス開発を推進中だ。セブンイレブンは日本と同じ弁当配達サービスを検討している。GS25は「1プラス1」商品を購入すれば残る商品を保管しておく「私だけの冷蔵庫」サービスをテスト実施している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2016年02月02日 14:56
コネスト関連記事
  • コンビニおみやげ特集
  • 仁寺洞・鍾路
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • グローバル韓流、次はKトゥーンだ
  • 【写真】仁川空港無人リニアモーターカー、きょう開通
  • 【写真】ゴッホのケシの花が飛び広がる旧ソウル駅舎=韓国
  • 【写真】旧正月の書き入れ時を迎えた伝統市場=韓国・釜山
  • にぎわう農産物市場
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    朴大統領の弾劾案あす採決 
    朴泰桓 アジアの壁をまた越えた
    韓国ビューティー産業日本進出を支援
    日韓政府、観光交流促進協議署名へ
    崔順実被告の側近、聴聞会で証言
    韓国人が最も好きな広告モデルは?
    EXO中国公演、暫定延期へ
    TWICE、EXOがチャート首位
    韓国、数学・科学で日本におされる
    サムスン、特許最終審アップルに勝利
    週間アクセスランキング
    ASのリジ、日本活動での苦労を告...
    16.12.02
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で...
    16.12.02
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    デモ行進、きょう青瓦台に接近
    16.12.03
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]