韓国旅行「コネスト」 仁川空港 開港後初の着陸料引き下げ=日本などに対抗。韓国の経済ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 経済 > 仁川空港 開港後初の着陸料引き下げ=日本などに対抗

仁川空港 開港後初の着陸料引き下げ=日本などに対抗

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】仁川国際空港が2001年の開港以来、初めて着陸料を引き下げた。日本や中国など、近隣のハブ空港との競争激化を反映した措置とみられる。

 仁川国際空港公社は3日、着陸料の単価を機体の重量によって変わる料金から一律に変更することを含む空港施設使用料の改編を行ったと発表した。1日から新たな使用料が適用されている。

 これまで着陸料は、100トン以下の機体は1トン当たり9000ウォン(920円)、101~200トンは8800ウォン、200トンを超える場合は8600ウォンとなっていたが、一律8600ウォンになった。

 仁川空港は開港当初、大型機の就航を多く誘致しようと、重量が大きいほど1トン当たりの金額が安くなる設定をしたが、小型機が多い格安航空会社(LCC)の就航が増えたことを受け、さまざまな航空会社を誘致するため今回の着陸料引き下げに踏み切った。

 空港公社関係者は「今回の使用料改編で航空会社の負担を和らげ、新規就航の拡大促進につなげたい」と話している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2016年01月03日 15:14
コネスト関連記事
  • 仁川国際空港(ソウル)
  • 韓国の経済のニュース     もっと見る 
  • ネット通販の取引額 また月間最高更新=韓国
  • 韓国10大グループCEOの70%「景気回復は2017年以降」
  • ことしの韓国証券市場の時価総額1兆2006億ドル…世界11位
  • 韓国、月探査計画来年から本格施行…2018年に月探査衛星打ち上げを目標
  • サムスンの自律走行車、エバーランドで走る
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    朴大統領、特検捜査に対応を表明
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    新高速鉄道の運行開始
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]