韓国旅行「コネスト」 「低出産克服対策が国家最優先アジェンダ」。韓国の政治ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 政治 > 「低出産克服対策が国家最優先アジェンダ」

「低出産克服対策が国家最優先アジェンダ」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
与党セヌリ党と政府が少子化対策の準備を来年度の最優先アジェンダの一つに決めた。

政府・与党は18日、「低出産対策特別委員会」(委員長、李柱栄セヌリ党議員)初全体会議を開き、労働改革を通じて青年の雇用を増やし、家族親和企業認証制を「KS(国家標準)マーク」のように活性化するなどの対策を推進することにした。会議にはセヌリ党の金正薫(キム・ジョンフン)政策委議長、李柱栄(イ・ジュヨン)特別委委員長、鄭鎮ヨプ(チョン・ジンヨプ)保健福祉部長官、金姫廷(キム・ヒジョン)女性家族部長官らが出席した。

金正薫政策委議長は「少子化は国家の存立を脅かす非常状況であり、少子化克服は国家の最優先アジェンダ」とし「制度と現実が一致しない育児休職制度など出産を妨げる要因に対して実践可能な対策を用意しなければいけない」と強調した。

金姫廷長官は「2017年から政府と公共機関に義務づけられる『家族親和企業認証制』が『KSマーク』のように企業に対する恩恵を保障する最も重要な制度になるよう支援してほしい」と述べた。

来年3月末まで運営される特別委では、政府の「第3次低出産・高齢社会基本計画」に基づき▼青年雇用・住居など晩婚対策▼不妊休暇制、家族形態による差別禁止案▼各個人向けケア支援拡大と教育改革--などを議論することにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年12月19日 09:56
韓国の政治のニュース     もっと見る 
  • ミャンマー人22人を受け入れ 難民法施行後初=韓国
  • 「よかった、ご苦労様」…産経前ソウル支局長と面会した安倍首相の言葉
  • 朴大統領「T-X輸出は韓米同盟の触媒剤」
  • 国軍ジープが韓国軍に来年導入…米軍ハンヴィーよりも性能優れる
  • 来年、外国人労働者5万8000人導入…今年度比3000人増=韓国
  • 関連記事
  • 中央日報「政治」ニュース
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ユナ、キュートな笑顔で登場
    独リュージュ選手、特別帰化確定か
    ゲノム解読で各個人向け処方も可能
    韓国国民、11月でも海外旅行増
    韓国野党3党、大統領の弾劾案を発議
    朴大統領支持率、2週連続で4%
    ASのリジ、日本活動での苦労を告白
    姜正浩選手飲酒運転・逃走容疑で立件
    韓国映画産業、経済効果は6兆ウォン
    無人車のための「頭脳」、開発に成功
    週間アクセスランキング
    少女時代ユナ、“完全無欠”の輝...
    16.11.30
    韓国女性お笑い芸人、セクハラ騒...
    16.12.01
    ソウル広場に明るく輝くツリー登...
    16.11.28
    BEASTが独立 新事務所設立へ
    16.11.29
    イ・ビョンホンが主演俳優賞
    16.11.26
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]