韓国旅行「コネスト」 サマータイム導入を検討 内需活性化見込む=韓国政府。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > サマータイム導入を検討 内需活性化見込む=韓国政府

サマータイム導入を検討 内需活性化見込む=韓国政府

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国政府が内需活性化を見込み、夏季に時計を1時間早める「サマータイム」の導入を検討している。サマータイム導入が世界的な流れになっているほか、国民の余暇時間が増えて消費喚起につながるとの思惑があるようだ。

 今年は中東呼吸器症候群(MERS)流行の影響で落ち込んだ国内消費の活性化のため、個別消費税引き下げや、政府主導の大規模セールイベント「韓国版ブラックフライデー」などの政策が効果を上げた。このためさらなる内需刺激や観光活性化、省エネなどの効果を見込み、サマータイムの導入が議論されているようだ。

 韓国では1948~56年とソウル五輪前後の87~88年にサマータイムが実施された。その後も経済状況が悪化するたびに導入が取りざたされたものの、労働時間がかえって増えるなどの反対が相次ぎ見送られた。

 韓国と同様にサマータイムを導入していない日本では今年7~8月の間、ワーク・ライフ・バランスの改善のため、国家公務員の始業時間が1~2時間前倒しされた。経済協力開発機構(OECD)によると日本の年平均労働時間は1735時間(2013年基準)で、韓国の2163時間より400時間以上短い。

 政府は今月発表する来年度(1~12月)の経済政策方向で内需拡大を通じた経済活性化を柱の一つに掲げており、サマータイム導入や韓国版ブラックフライデー拡大などの消費活性化策を盛り込むことを検討している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2015年12月06日 10:29
コネスト関連記事
  • 韓国版ブラックフライデー 参加企業の売上高2割増
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 「朝鮮通信使」世界遺産登録へ韓日で共同推進
  • 温かい人情を込めて…タルトンネで練炭リレー
  • ソウル都心で再び大規模集会
  • 落雷でケーブル切断の西海大橋、24日まで通行止め…深刻な交通渋滞予想
  • 遺骨見つかった韓国戦争戦死者608人の合同奉安式
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    韓国の外交・国防政策は維持
    国民の勝利、だが政局は未だ流動的
    弾劾可決に多くの国民が歓迎
    朴大統領、特検捜査に対応を表明
    権限代行する黄首相とはどんな人物か
    朴大統領弾劾訴追案、賛成多数で可決
    韓国人旅行客が好む観光都市1位は?
    新高速鉄道の運行開始
    俳優ヒョンビン、雰囲気漂う秋男
    週間アクセスランキング
    女優ハン・ガイン育児専念の近況
    16.12.05
    危うい世界1位の韓国免税店事業
    16.12.05
    韓国人が最も好きな広告モデルは...
    16.12.08
    俳優チョン・イル、きょう軍隊入...
    16.12.08
    韓国人旅行客が好む観光都市1位...
    16.12.09
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]