韓国旅行「コネスト」 女優キム・テヒ「大学デビューだった自分…昔は男の子にも嫌われていた」。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 女優キム・テヒ「大学デビューだった自分…昔は男の子にも嫌われていた」

女優キム・テヒ「大学デビューだった自分…昔は男の子にも嫌われていた」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
女優キム・テヒ(35)は何かを言いたげな雰囲気だった。2年ぶりのカムバック作であるSBS(ソウル放送)ドラマ『ヨンパリ』の撮影を終えたキム・テヒは、余裕は漂っているもののトークは休む暇がなかった。

序盤に全国視聴率20%を越えて人気を集めたも『ヨンパリ』は、結末に近づきながらハン・ヨジン(キム・テヒ扮)が突然肝臓がんにかかるなど理解に苦しむ方向に流れていった。第6話まではずっと横になったまま、その後は顔全体に包帯を巻いて登場し、ついに後半部では肝臓がん患者として再び病人を演じなければならなかった。演技する当人がめまいを感じるくらいの変化の激しい不思議なキャラクターを演じた。特に、横になっているキム・テヒをめぐって皮肉も多かった。しかし、ドラマの結末は意味不明な方向に流れたが、作品に対する恨みはないという。「横になっている設定は承知の上でドラマを選びました。私自身が何か嫌な気持ちになることはあるでしょうか」としながら「ああ、それから横になっているのは決して楽なことではありません。真夏の暑い時期に撮影がありましたから。何時間も布団の中に横になっていて床擦れができそうになりました。そんな生易しいものじゃないんです」と言って笑った。

作品をめぐり論争は多かったが、「ソウル大」を卒業した「国民美女」キム・テヒはドラマ『ヨンパリ』を通じて確実に役者として成長した。出番は減ったが吸引力のある存在感を見せ、作品のために体を張った女優としての態度も強く印象づけた。デビューと同時に人気と論争の好評と酷評を経験したためか、「有名税」には寛大だ。RAIN(チョン・ジフン)との公開恋愛も3年目だ。2人の日常的なデートがいつも大きく取り上げられる。行き過ぎた関心は時として負担になるものだが、これに対してもキム・テヒは淡々としていた。「その程度の関心や不必要なウワサは甘受しなければならないと思っています。大衆から愛していただく職業なので、反対の部分にも目を向けなければならないですよね。ただ、小説のようにやり過ぎないでほしいと思います。済州道のオープンチケットは私も気になります。遊びに行くことすらできないのに、話だけが大きくなって…」として酒杯を口にした。

--最近、授賞式での受賞所感で、彼(RAIN)について触れなかったようだが。

「そんなところまで気が回りません。そんなことをしていたら感謝の言葉を伝えられない人がいっぱい出てきてしまいます。(『ヨンパリ』で共演した)チュウォンについても話しておかなくてはならなかったのに…。その日、私だけが長々と話しているみたいだったので、これでも私なりに言葉を減らしたんですよ」

--RAINとの交際は順調か。

「3年になりました。破局の報道も出ながら結婚説はどうして大きくなるのでしょうか。私は何かというと出発が遅い方です。演技を知ったのも遅かったし、恋愛や結婚も同じです。何かを知っていく過程に時間がかかる方です。すぐには親しくなれません。ずっと一緒にいるのなら大切にしたい。時間がかかります」

--最近もRAINが経営しているカフェで彼の父と会ったとのことだが。

「その日、近くまで来たのでコーヒーを買いに行ったところ、ちょうど彼のお父さんがいらっしゃいました。本当に偶然です」

--あなた方は本当にいろいろなウワサが絶えないカップルだ。

「2人ともウソに対して特に進んで説明しない方なので、余計に話が作り出されてしまうようです。特に、済州島旅行の件(訳注:2人が済州島へカップル旅行の計画を立てていると大きく報じられた件)は計画すらしたことがありません。『オープンチケットを買った』とされていますが、すべて偽りです。それでなくても遊びに行けなくて悔しいのに、誰がねつ造したことなのでしょうか」

--ではなぜ反論しないで沈黙しているのか。

「そこまで反論する必要があるのかな、と思ったんです。ところが静かにしていたらウワサがどんどん大きくなって既成事実化されてしまいました。途方もなく大きいことでなければわざわざこちらが出て行って説明したくはありませんでした。そのままやり過ごしているうちにそれが積もり積もってその人のイメージになってしまうことが問題だと思います」

--かなりチラシ(訳注:デマ情報源として認識されている一種の情報紙)に書き立てられているようだ。

「それはすべて私たちが沈黙しているからだと思います。私は、芸能人ならば、当然愛される分だけお金もいただいてそれ相応の扱いも受けることになるので、その程度のウワサは甘受しなければならないと思います。それはすべて名声のためで仕方ないことです。傷つくのは私の役割です」

--思ったより毅然としているが。

「負担になりますが、それだけ人気があるということだからです(笑)。ありもしない事実が既成事実化されるようなことはなくなってほしいですね」

--自分たちの作品をお互いに見て意見をいうことはあるのか。

「『私が出た作品どうだった?』とは聞きません。参考にRAINが出演したドラマ『僕にはとても愛らしい彼女』、私はかなりおもしろく見ました」

--RAINは『ヨンパリ』をとてもうらやましがっているのでは。

「素晴らしい作品に出会えて私よりももっと話題になってうまくいけばいいですね」

--頻繁に会っているのか。

「こうだ、という平均を出すのは難しいですね。2人ともスケジュールが違ってまちまちじゃないですか。時間が合えば会うということで、その時その時で違います」

--会うと主に何をするのか。

「私はあまりお酒が好きではないので、食べ歩きが好きです」

--だからよく写真に撮られるんですね。

「帽子をかぶっていればあまり分からないのですが、それも人気ですよね。気がつけば挨拶もするし、そういうものでしょう。サインはいくらでもしますが、いつもはカジュアルにしているので写真はダメです」

--オフには主に何をしているのか。

「自転車に乗ったり南山(ナムサン)も行きます。最近では習いたてですがゴルフも始めました。体を動かすことが好きです。これといった大きな趣味はないです。撮影がなければ退屈してしまいます」

--依然として神秘主義だ。

「それもすべて戦略だと思いますが、私にはそれができません。バラエティーはできないから出ない、いいなと思う作品を選んでいると時間がかかる、ということです。神秘主義を望んでいるわけではないのですが、自然にその方向に流れただけです。静かにしていても途中で出て行くと思います」

--次回作は考えているのか。

「ドラマではなく、いま映画をひとつ見ています」

--過去の映画はなかなか興行に結びつかなかったようだが。

「これまで3つの作品に出演したのですが、興行とは縁が遠かったんですよね。良い作品に出会いたいです。やってみたいキャラクターがあれば悩まず表現したいですね」

--これまではCM女王というイメージが強かったが。

「実は多作というよりは継続的にやってきました。広告もかなり厳選しました。個数制限を設けていたんです。私の考えでは1年に6本程度が適当だと思います。トップスターの場合、年間10本以下の広告に出てこそ大衆が退屈しないという統計を聞いたことがあります。また『CM女王』という言葉は良い作品に出会うために邪魔になる修飾語です。先入観が植えつけられて大衆や業界の人々の認識もあまり良くありません」

--自分のルックスに満足しているか。

「最後の撮影をしていたとき、チュウォンと風の丘に立って撮るシーンがあったのですが、その日に限って自分の身長がとても小さく見えました。『なぜこんなに小さいんだろう』と独り言を言っていると、チュウォンがこう言いました。『テヒさんはとてもきれいなのに身長に不満がある』って。自分の外見に満足しなければ」

--不満があるということなのか。

「人間なのに不満がないなんてことはありますか? こういうとまた何か言われそうですが、シワが気になります」

--学生時代は当然人気があったでしょう。

「全くです。子供の頃は男の子のようでした。子供の頃の写真を見れば分かりますが、男の子のようなショートヘアにタイトズボンを履いていました。スカートはもちろん、かわいい靴も履いたことがなかったです。私、大学デビューなんです。力が強くて友達を困らせていたので、特に男の子から嫌われていました。きれい人気のある友だちへの憧れから研究をたくさんしました」

--ソウル大出身という修飾語もある。

「今でも多くの人々は『ソウル大のキム・テヒ』という認識が強いようです。以前は理解できなかったのですが、今は私がまだ演技者としての何かをしっかりお見せできていなかったんだと考えるようになりました」

--いつのまにか30代後半だ。悩みは?

「年齢は数字に過ぎません。適齢期というのが言葉が嫌いです。何かをしなければならない時期はここだ、というものではないと思います結婚適齢期だからこの時期に結婚を、ということはありません。年齢が年齢だからといって、その時期に何かをやりたいということはありません」

--今後の演技生活と恋愛、結婚に対する計画は。

「私は遠い未来の計画を立てられないタイプです。あまり深く考えることもないですし。短く短くやっていく性格なので、演技はまず次期作を選ばなければ。さっきも話したように、映画になる確率が高いです。恋愛や結婚は私一人でするものではないでしょう。うまくいくようにやっていこうと思っています。長い間交際していれば、新たな感情が生まれるかもしれません」

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2015年11月04日 10:20
コネスト関連記事
  • テレビCMで話題、エッセンス特集
  • ヨンパリ
  • アイリス
  • ドラマ 「天国の階段」 で学ぶ韓国語
  • ドラマ「アイリス」で学ぶ韓国語
  • 韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • 俳優チャン・グンソク、来年演技カムバック 「次期作を検討中」
  • BIGBANG、女優観月ありさの結婚披露宴に出席
  • <芸能>T.O.Pと上野樹里の共演ドラマ 1日で12万回再生
  • 俳優イ・ジュンギ、景福宮に登場…ハリウッド映画の撮影終えて帰国
  • <芸能>SHIHO 韓国のバラエティー番組出演へ
  • 関連記事
  • 女優キム・テヒ-歌手RAIN、江南で人目はばからず公開デート!
  • 女優キム・テヒ-Rain、店内で撮影された2ショット
  • 女優キム・テヒ、追加カットでも乱れない美貌
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    ソトニコワ、平昌五輪に出場する
    パク・ユチョンを告訴した女性に懲役
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    IMF、韓国の成長率2%台と予想
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    軽電鉄の税金浪費、だれも責任負わず
    反政権文化人リスト疑惑、取り調べへ
    ギャラクシーノート7の発火原因
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    歌手Rain、女優キム・テヒと結婚
    17.01.17
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]