韓国旅行「コネスト」 憲法裁「在外国民・国外居住者に選挙権与えるべき」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
「Mカウントダウン」 1~2月予約受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 憲法裁「在外国民・国外居住者に選挙権与えるべき」

憲法裁「在外国民・国外居住者に選挙権与えるべき」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
憲法裁判所は28日、在外国民と国外居住者に選挙権を与えない公職選挙法と住民投票法に対し憲法不合致決定を下した。 パク氏ら米国・カナダ・日本永住権者らが起こした憲法訴願事件でだ。 在外国民の選挙権を制限するのは合憲という99年の判例を8年ぶりに変更した。

しかし憲法裁は法律改正にともなう混乱を憂慮し、08年12月31日までに関連条項を改めるよう要求した。 立法過程の時間的問題を勘案すると、今年末の大統領選は現行法に基づいて行われる見通しだ。

憲法裁は決定文で「大統領および国会議員選挙権、地方選挙参加権、国民投票権を行使することができる要件として(国内に)住民登録が行われていることを規定した公職選挙法は、在外国民と国外居住者の基本権を侵害するものだ」と明らかにした。 続いて「一定の年齢になれば、すべての国民に選挙権を付与する普通選挙の原則にも背く」と強調した。

金鍾大(キム・ジョンデ)裁判官は「基本権の制限は国家安全保障など不可避な場合にのみ正当化できる」と明らかにした。 しかしその場合にも選挙権の本質的な内容は侵害できないというのが金裁判官の説明だ。

外交通商部によると、05年1月現在、在外国民と海外滞留者は280万人余。 このうち選挙権がある19歳以上は210万人余と推定される。

金承鉉(キム・スンヒョン)記者

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年06月28日 18:54
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 教科書の‘トッケビ’は日本の‘鬼’?
  • 【写真】ビキニを着てデモを行う職業女性
  • ロッテ観光はロッテと無関係、マーク使用禁止訴訟
  • 「韓国人乗客全員の死亡を公式通報」
  • 社会人の半数が「独りが好き」、女性は6割超える
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    俳優ユン・サンヒョンに第二子
    韓国与党が「接待規制法」の改正要望
    少女時代ソヒョンとのソロ対決
    ギャラクシーノート7の発火原因
    主要4カ国駐在大使ら初の情勢点検会
    外貨預金残高 7カ月ぶり低水準
    国政介入事件 次はロッテとSKか
    整形経験者91.3%、性格も変わる
    韓国「放棄世代」、余暇や結婚も放棄
    週間アクセスランキング
    韓流グループが日本でスリップ事...
    17.01.15
    ソウル市長、ソウル大学の廃止を...
    17.01.13
    雪に覆われたソウル
    17.01.14
    韓国人人気の海外10都市中4つ日...
    17.01.11
    少女時代ユナ、美脚をアピール
    17.01.13
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]